西澤氏4月4日に国会喚問

印刷

 衆院懲罰委員会は2006年3月29日午前、永田寿康衆院議員に偽メールを提供したとされる元フリー記者、西澤孝氏の証人喚問を4月4日に行うことを全会一致で決めた。喚問は4月4日午前9時40分から2時間20分程度行われる予定。西澤氏が偽メール提供者なのか、単なる仲介者なのか、提供の動機、金銭のやり取りの有無、などが焦点となる。
 一方、西澤氏は3月27日、自身を喚問しないよう求める意見書を代理人の弁護士を通じ、懲罰委に提出した。「メールの提供者が誰であるか、ということは、審議対象の本質に影響することはない」という理由からだ。 西澤氏は、これまで弁護士を通じて民主党やマスコミなどに「永田氏にメールを渡した事実はない」と主張していた。この点について、会見では「誰が(メールを)提供したかは関係ない」「具体的な説明は控えたい」とするにとどまり、不透明感の残る説明となった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中