預金不正引き出し NTTデータ元社員を逮捕

印刷

NTTデータ(東京都)の元社員が偽造ローンカードを使い、現金を引き出していた事件で、宮城県警から指名手配されていた田中守容疑者(54)が2006年3月29日、神奈川県警本部に出頭し、逮捕された。NTTデータは銀行のコンピューターシステムの管理を請け負い、田中容疑者はその責任者だった。被害額は約3,000万円と見られる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中