団塊世代退職で住宅・不動産購入が活発に
経済波及効果は15兆円

印刷

電通は2006年3月30日、07年から団塊世代の大量退職が始まるのにともなって、15兆円規模の経済波及効果が発生する、との推計を発表した。団塊世代の男性200人と団塊世代男性の妻200人にアンケート調査を行った。 団塊世代の退職による消費押し上げ規模は、退職前の準備期間と退職後を合わせると7兆7,762億円。なかでも住宅・不動産関連は4兆924億円に達し、全体の53%を占める。最終的には15兆3,233億円の生産を誘発するという。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中