商標制度の緩和で地域ブランドの今後

印刷

テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」(2006年3月31日放送)は、商標制度の規制緩和について取り上げた。2006年4月1日から商標制度の規制緩和が進み、商品(名産物)と地域を組み合わせた、例えば「津軽りんご」のような商標が取りやすくなる。これは逆に、「津軽りんご」の商標が認められれば、周辺地区で採れたりんごは、この商標を使えなくなる。原産地や本場の産業にとっては、コピー品対策などを含めたビジネスチャンスにもなる。番組では讃岐うどん、有田焼、由比桜えびなどの団体や企業の思惑と取り組みを紹介した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中