大画面液晶パネル工場建設で基本合意 ソニー、サムスン

印刷

ソニーサムスン電子は、合弁会社S-LCD(所在地: 韓国忠清南道)に2番目の工場を韓国内に建設することで基本合意した、と2006年4月10日に発表した。06年6月中の本契約締結を目指す。新工場は大画面液晶パネルを効率的に生産できる設備で、生産能力は第8世代アモルファスTFT液晶ディスプレイパネル(ガラス基板サイズ: 約2,200mm×2,500mm)が月に5万枚。総投資額はおよそ20億米ドルを予定。07年秋の稼動を目指す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中