「ボーイング787」の主翼部品工場を竣工 三菱重工

印刷

三菱重工業は、ボーイング社旅客機「787」の主翼を補強する複合材部品工場を山口県の下関造船所に建設し2006年4月12日竣工した。生産は06年8月からスタートする予定で、人員は約120人体制をとる。完成した部品は名古屋航空宇宙システム製作所へ輸送し、翼外板に取り付けるなどしてボーイング社に出荷される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中