日本の新「社用族」事情 ワールドビジネスサテライト

印刷

テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」は2006年4月14日放送で「社用族」を特集。景気回復基調により接待費を使う「社用族」が増え始めた。しかし、バブル期とは使い方が様変わり。昼食の接待が増えたり、ハイヤーではなくタクシーを利用。料亭ではなく社内イベントに経費を使う動きも。番組ではこの現象を「お金は使うが、かた苦しいのを嫌う」と表現している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中