セブン-イレブン探検隊 vol.2

印刷

   毎週、多くの商品が入れ替わるコンビニエンスストア。その品揃えからは、現在の日本が垣間見えるといわれます。毎回、セブン-イレブンのオリジナル新商品を取り上げて、その魅力を探る連載です。いずれも、"世界一わがまま″といわれる日本人の嗜好を満足させる知恵が詰まっています。

コンビニ業界初、新茶のオリジナル新商品が大集合

   セブン-イレブン・ジャパンは新茶の季節にあわせ、今年の一番茶を使用したオリジナルの新商品を発売する。原料には茶葉の生育が早く、全国で最も早い時期に収穫される鹿児島産の早生品種「ゆたかみどり」を使用。商品はパン、デザート、アイスクリーム、ドリンク、菓子の5つの分野で、計18点が売り出される。 複数の分野にわたって、これだけの数の新茶のオリジナル商品が揃うのは、コンビニ業界では初の試み。発売は5月10日(水)から。

メロンパンに新しい味が登場

新茶 メロンパン

新茶 メロンパン

【ここに注目!】
パンは、新茶の成分を配合したサクサクとしたビスケットとふんわり生地の2重構造。中に、新茶がほのかに香るホイップクリームをサンドした。新茶の香り、味わいが丸ごと詰まった一品。
126円

ダイエット効果が注目の寒天を使用

新茶 あずき寒天

新茶 あずき寒天

【ここに注目!】
健康ブームで注目の寒天を使用。新茶の風味、苦味と北海道十勝産のあずきを組み合わせた。あっさりとした味わい、つるっとした喉ごしで、甘いものが苦手な人にもおすすめ。
200円

お茶のさわやかな風味を堪能

新茶氷バー(小豆入り)

新茶氷バー(小豆入り)

【ここに注目!】
低温抽出したお茶のエキスにお茶の粉末を加え、風味・味をさらに引き出した。中心に、緑茶と相性のよい小豆が入っている。甘さを抑え、すっきりとした味わい。
126円

新芽の緑が目にも鮮やか

新茶 オレ

新茶 オレ

【ここに注目!】
乳飲料のベースにお茶のエキスをプラスした、新しいタイプのドリンク。コクのあるミルクに、新茶の苦味、黒糖の甘さが溶け合って、絶妙な味わいを作り出した。
190円

定番のお菓子に新しい仲間が登場

東ハト キャラメルコーン 新茶

東ハト キャラメルコーン 新茶

【ここに注目!】
セブン-イレブンと菓子メーカーの東ハトの共同開発商品。キャラメルコーン本来の甘さに、ほんのりとした新茶の渋味、香りが加わって後をひくおいしさ。
116円

※価格はいずれも税込み価格。地域により取り扱いのない場合があります。


編集部の目

   ここでは、毎回取り上げた商品の中から、特に注目するポイントやそこから見えてきた日本のトレンドを紹介します。


キーワードは「季節感」
   1年を通して緑茶を大量に消費する日本人にとって、5月といえば新茶。特に4月下旬から5月上旬のいわゆる「八十八夜」と呼ばれる頃に摘み取られる柔らかい新芽は、「一番茶」と呼ばれ、珍重される。その特徴はうまみ成分を形づくるテアニンが豊富に含まれることや、鮮やかな色合い、すがすがしい香りなどだという。セブン-イレブンの新作はその新茶の風味はそのままに、様々な商品で楽しめるという期待のラインナップだ。
   新茶というと、「甘く、まろやか」というイメージがあるが、実際は違うようだ。苦味と渋みがちょっぴり混じった、それでいて香りがたつ。そんなお茶だという。熟成の進んだ前年のお茶の方が一般向けで、新茶は大人の味なのかもしれない。消費者の意識が以前より「熟成」して、そこに目を付けたとすれば、セブン-イレブンの試みは、社会の変化をいち早く拾い上げ、商品化に結びつけた好例だろう。


セブン-イレブン・ジャパン

   1973年の創業以来、成長を続ける、小売業界売り上げNo1のコンビニエンスストア。現在、国内で約1万1000を超える店舗がある。お客様の立場に立って、商品展開につなげる姿勢が高く評価されている。http://www.sej.co.jp/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中