大連で日系企業初の分譲マンション 大和ハウス工業

印刷

大和ハウス工業は、2006年5月10日から日本企業初となる中国・大連市での分譲マンション「頤和香榭(イワ シャンゼリゼ)」の建設を始めた。07年12月に竣工し、06年10月から販売を開始する予定。18階建4棟、14階建3棟、11階建3棟の計10棟・600戸からなる大規模なマンションで、主要道路に面した1階には店舗が配置されている。「中国の庭園『頤和園』の雰囲気を醸し出す住宅と、パリのシャンゼリゼを思わせるショッピングストリート」だという。

大和ハウス工業が着工した分譲マンション「頤和香榭(イワ シャンゼリゼ)」
大和ハウス工業が着工した分譲マンション「頤和香榭(イワ シャンゼリゼ)」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中