アイフルの新規顧客が6割減

印刷

消費者金融大手のアイフルの2006年3月期連結決算は、営業収益が前期比6%増の5,495億円になったものの、純利益が同13%減の658億円だった。債務者からの過払い金の返還請求で、131億円を特別損失に計上したことなどが理由。07年3月期連結業績予想は、純利益が同20%減の525億円。大手新聞各紙は福田吉孝社長のコメントとして「業務停止の影響で4月14日以降の新規顧客獲得数が前年に比べ6割減っている」と書いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中