元女子アナ藪本ブログ 「パンツ盗撮」で火ダルマ

印刷

   元日本テレビの人気アナウンサー、藪本雅子さんのブログに、内容を批判するコメントが殺到し「炎上」状態だ。若手男性アナの「パンツ盗撮」を擁護したとも受け止められかねない内容で、いったん削除した。が、それがまた批判の嵐を呼び込んでしまうという異常事態に、とうとう「ギブアップ」に追い込まれた。

英国在住の藪本雅子さんのブログ。日本国内の空気を読みそこなって大炎上
英国在住の藪本雅子さんのブログ。日本国内の空気を読みそこなって大炎上

   藪本さんは91年にアナウンサーとして日本テレビに入社。『スーパージョッキー』『夜も一生けんめい』などのバラエティー番組に出演したほか、「DORA」というグループを結成してCDもリリース。いわゆる「女子アナ」の先がけとして人気を集めた。98年から退社する01年までは記者として活躍、ハンセン病問題などを追った。

「パンツを見られない努力をしなさい!」

   さて、炎上しているのは、2006年5月19日の、後輩アナの盗撮事件について書いた「盗撮で思う」という記事だ。
   盗撮事件の経緯はこうだ。各紙が神奈川県警戸部署の調べとして報じたところによると、日本テレビの炭谷宗佑(すみたにそうすけ)アナウンサーが06年2月20日午後3時ごろ、横浜駅(横浜市西区)の自由通路の上りエスカレーターで、前に立っていた女子高校生のスカートの中を携帯電話のカメラで盗撮した。パトロール中の鉄道警察隊が犯行を目撃、取り押さえて戸部署に引き渡した。事情聴取に対して「むらむらして興味本位でやった。申し訳ない」と容疑を認めたという。神奈川県迷惑防止条例違反で書類送検され、5月2日に起訴猶予処分となった。
   この事件について藪本さんは、

「ミニスカートをはいている子達は、パンツを見られない努力をしなさい!」
「基本的には男っていうのは、女の子のパンツが見たい」
「日テレの彼も、社会的制裁はうけたでしょ」

   などと書いた。すると、「盗撮された女性にも非があるといわんばかりだ」「身内に甘い」と、批判のコメントが大量に書き込まれたのだ。

「これまでいかに甘やかされてきたのか、
己の無知と無恥に気づかされる機会がなかったのか、
よくわかるというものだ。」

「この女、バカじゃないか?『じゃないか』と言うより、バカだね。真正の」

「あんなこと書かなきゃよかった。もうこれで終わりにさせてください」

   罵詈雑言(ばりぞうごん)の嵐だ。その数、25日17時現在で1,783。2ちゃんねるなど、ネット上の各種掲示板でも藪本さんを非難する声が相次いだ。ブログのコメントに驚いた藪本さんは、いったんこの記事を削除したが、これがさらに批判を呼んだ。そのため、5月22日には「逃げも隠れもいたしません。」と削除した記事を復活、「返信」という記事で経緯を説明した。そうすると、一部には

「藪本さんのおっしゃっていること私は理解できます」

「そりゃ元アナウンサーとはいっても一個人が書いてるブログ。あんまり攻めるなよ」

   と、藪本さんを励ますコメントが見られたものの、やはり騒動は収束せず、5月24日には「終わりにさせてください」というタイトルの記事を掲載した。

「あんなこと書かなきゃよかった、って今頃後悔しても遅い・・。
でも、もうこれで終わりにさせてください。」

   と、事実上の「敗北宣言」に追い込まれた。
   どうしてこんなことになってしまったのか。英国在住の藪本さん自身が24日、夕刊フジに対してコメントを寄せている。

「日本の空気が読めなかったですね。
日本の報道に接することができないので、ネットで記事をたまたま見つけて思うことをそのまま書きました。タイミングが最悪でしたでしょうか」

   と、「空気が読めなかった」ことを「敗因」に挙げている。
   一見正論に見える部分もある藪本さんの書き込みも、日本の「ネット社会の異常な空気」には合わなかったようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中