中国大手銀行に三菱東京UFJ銀行が200億円出資

印刷

三菱東京UFJ銀行は2006年6月1日、中国の4大国有商業銀行の一つである中国銀行に約1億8000万ドル(約200億円)出資する。邦銀が中国の銀行に出資するのは初めて。中国銀が同日、香港株式市場に上場するのに伴って発行する新株を一部引き受ける。業務面での連携も強め、日系企業に対する金融サービスを強化するほか、将来的には中国での個人向融資も視野に入れる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中