教育を目的とした子供向け玩具の名作 コクヨ 

印刷

コクヨは、子供向け玩具の「オルダゲーム」シリーズ約60種類のうち4タイトルを2006年8月18日から全国の書店で発売する。オルダゲームは、計算力や記憶力、図形・空間の認知能力などの向上を狙った「教育ゲーム」で、家族や友達との対話を必要とするため、対人関係の能力育成も期待できる。テレビゲームなどで、ひとり遊びの子どもが増えるなか、コミュニケーションの新たなきっかけを提供する商品として注目されそうだ。

コクヨが発売する「オルダゲーム」シリーズの「ハイ・ドゥン・シーク(Hide’N Seek)」
コクヨが発売する「オルダゲーム」シリーズの「ハイ・ドゥン・シーク(Hide’N Seek)」

商品のうち、「ハイ・ドゥン・シーク(Hide’N Seek)」は、おもに記憶力を鍛えるゲームだ。対象年齢は5歳~大人までで、予定価格は3,780円(税込)。ほかにも、算数の基礎を育成する「ワン・ツー・スリー・ゴー!(1,2,3・GO!)」、算数の基礎と論理的に先を読む力を育成する「テイク・テン(Take Ten)」などがある。

「オルダゲーム」は、先端科学技術で世界的に有名な、イスラエルのワイツマン科学研究所で開発された。すでにヨーロッパやアメリカをはじめ、世界中で子どもたちに親しまれている。コクヨはこのゲームを順次発売していく予定で、06年11月には、さらに4タイトルが発売される見込みだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中