バイオ技術を使ったサクラの挿し木を生産 日本製紙

印刷

日本製紙は、バイオ技術を使って「蜂須賀桜」の苗木生産を開始し、2006年秋に出荷を予定している。このサクラ苗は、接ぎ木とは異なり、増やしたいサクラから直接根を出させるため、「樹肌が美しい」「長寿である」などの性質が期待でき、「高品質な苗を短期間で大量供給できる」という。早ければ2007年の春に花を見ることができる。

日本製紙が生産している「蜂須賀桜」の苗木
日本製紙が生産している「蜂須賀桜」の苗木

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中