W杯視聴率明暗 テレ朝と日テレ

印刷

   テレビ朝日が放送した「日本-クロアチア戦」の平均視聴率は、関東地区で52.7%、瞬間最高視聴率が同68.6%とテレ朝史上最高を記録した。テレ朝の広報では「社員全員大喜び。視聴率に大満足している」と興奮を隠し切れない。一方で、その余波を受け、沈んでいるのが日本テレビである。

テレ朝の好調、W杯人気だけではない

港区・六本木にあるテレビ朝日アーク放送センター。テレ朝は民放で唯一、W杯日本戦の放映権を勝ち取った
港区・六本木にあるテレビ朝日アーク放送センター。テレ朝は民放で唯一、W杯日本戦の放映権を勝ち取った

   2006年6月19日にビデオリサーチが発表した関東地区テレビ視聴率ベスト30(6月12~18日)を見ると、トップがテレ朝の「日本-クロアチア戦」。サッカー中継としては歴代6位の成績。2位の「日本-オーストラリア戦」(NHK)を3.7ポイント上回った。3位が「ぴったんこカン・カン」(TBS)で、5位にはここにもテレ朝の「たけしの本当は怖い家庭の医学」の20.8%が入っている。W杯人気もさることながらテレ朝の好調が目に付く。
   かつては「振り向けばテレビ東京」と言われたほど低迷した局だが、06年3月決算で売上高、経常利益、純利益ともに昨年を上回ったのは、在京キー4局の中でテレ朝だけだ。テレ朝の広報は「02年からの全社変革推進運動が実を結びつつある」と話す。バラエティー番組を強化し、「ロンドンハーツ」などPTAなどからワースト番組と非難されるも、これまでの"お高くとまった"雰囲気を薄め、お茶の間に身近な番組を作ってきたことが業績回復につながったといえそうだ。

「行列のできる法律相談所」余波で沈む

   さて、先の視聴率ベスト30を見てみると、日テレの番組が殆どない。「エンタの神様」と「笑点」のお笑い2番組だけだ。ちなみに、クロアチア戦の裏番組は常に20%前後の高視聴率を取る「行列のできる法律相談所」だったが、18日の放送では12%だった。今回W杯で民放の放映はテレ朝だけ。運が悪かったのは確かだが、低迷の原因はそれだけではない。同社の06年3月決算では、在京キー4局の中で唯一、売上高、経常利益、純利益とも全てマイナスだった。
   JINビジネスニュースでは、日本テレビに視聴率低迷の原因について質問状を出したが、20日夜の時点で、答えは返ってきていない。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中