「川」氏の誤報で、日経新聞平謝り

印刷

   日本経済新聞が報じた郵便局会社社長人事について、同紙は2006年6月22日の夕刊で訂正を掲載した。

「21日付『郵政民営化』の記事中、郵便局会社社長は元ダイエー副社長の川一男氏で調整とあるのは誤りでした」

   同23日朝刊には記事を書き直し、

「郵便局会社の社長には、イトーヨーカ堂執行役員物流部長の川茂夫氏(59)の名が候補として上がっている」とした。
   JINビジネスニュースが報じたとおり、日本経済新聞は06年6月21日の夕刊と、日経ネットに、「郵便局会社社長、元ダイエー副社長の川一男氏が有力」という誤報を掲載。実際はイトーヨーカ堂執行役員の川茂夫氏だった。日経新聞は「川」の苗字から川一男氏と決め付け、記事を書く際に確認を怠った。
   同紙の新聞記事などの問い合わせ窓口「読者応答センター」では、22日からこの誤報の対処に追われた。担当者はJINビジネスニュースの誤報の指摘に対し、

「大変恥ずかしい話なのですが、記者がダイエーの川さんと、ヨーカ堂の川さんと間違えてしまいまして、本当に申し訳ありません。本当に恥ずかしい。恥ずかしい話しです。本当に申し訳ありませんでした」と、こちらが恐縮するほど平謝りだった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中