テポドンでアウト? 北朝鮮マツタケ

印刷

   北朝鮮が日本海に向けて相次いでミサイルを発射、日本政府は2006年7月5日、万景峰号入港禁止など9項目の制裁措置を発動した。仮に貿易がストップした場合、北朝鮮産のマツタケは直撃を受けそうだ。

   06年5月に農林水産省が発表した05年の「農林水産物輸出入概況」によると、日本が1年に輸入したのは2,881トン。そのうち北朝鮮産は中国、韓国産についで3番目に多く、783トン。割合にして27%だ。日本で出回るマツタケの9割が輸入物と言われているため、店頭で買えるマツタケの4つに1つが北朝鮮産、ということになる。

シーズンは8月終わりから9月

今年は、どこの国のマツタケが食卓にのぼるのか
今年は、どこの国のマツタケが食卓にのぼるのか

   北朝鮮からの船が多く入港する舞鶴港(京都府)を管轄する大阪税関舞鶴税関支署はJINビジネスニュースの取材に対して、

「北朝鮮産マツタケのシーズンは8月終わりから9月なので、まだ分からない。制裁措置についても、まだ何も聞いてない。その他の北朝鮮からの輸入も、いつもどおり行われている」

とコメントした。
   北朝鮮のマツタケの輸出を担当する北朝鮮と中国の商社にも取材を試みたが、電話がつながらなかった。

   北朝鮮マツタケを販売する岡山県の百貨店「天満屋てんまや」は、

「シーズンがまだなので、まだ考えていない。今後の対応についても、情勢が変化する可能性があるので、今のところは何とも言えない」

と、困惑した様子だった。

他国産でおぎなえる?

   鹿児島県の老舗デパート「山形屋やまかたや」は、「シーズンはまだなので何とも言えない」と前置きした上で、「今年は多分(北朝鮮産マツタケは)来ないでしょう」と、輸入停止も視野に入れていることを明かした。仮に輸入停止になった場合の影響については「中国、韓国産の量が多く、北朝鮮産の量はそれほどでもないので、他国産でおぎなえるでしょう」と、影響は小さい、という見通しを示した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中