売れ行き絶好調 新車3分の1は軽

印刷

   軽自動車の売れ行きが絶好調だ。軽市場は2006年も過去最高を更新する勢いにあり、初の年間200万台超が期待されている。ところが軽自動車メーカーの2強であるスズキダイハツの首脳陣は複雑な表情だ。人気車の生産は追い付かず、新商品の投入は間に合わない。しかも「優遇税制」の見直しという問題もある。

軽自動車の売れ行きは絶好調だ
軽自動車の売れ行きは絶好調だ

   06年6月までの新車総市場の販売状況は、登録車が12カ月連続で前年実績を下回り、一方の軽自動車は6カ月連続で前年実績を上回った。新車販売の「軽高」が続き、総市場における上半期の軽自動車比率は34.9%で、新車市場の3分の1以上が軽自動車となった。

   総市場のブランド別販売ランキングでは、1位のトヨタは別格として、2~5位は団子状態で日産、スズキ、ホンダ、ダイハツの4社が毎月入れ替わる。軽自動車メーカーが2位争いに加わっているのだ。

スズキ、ダイハツの2社が激しいシェア争い

   その販売の勢いが、自動車税を安く抑えてもらっている税制上の恩典を剥奪しかねないと軽自動車業界各社は危惧する。スズキの鈴木修会長も政府の動向を警戒し

「軽自動車がこれ以上伸びることは考えにくい。3割を超えてそれ以上を続けるというのは難しい」

と弁明している。

   軽自動車税が引き上げられることになれば、維持費が安いという軽自動車のメリットが薄まり、販売減を引き起こす心配もある。
   またスズキ、ダイハツの2社にはシェア争いという大きな課題もある。軽自動車の販売シェアNo.1を続けるスズキに、近年、ダイハツが肉薄している。ダイハツ工業にとってシェアNo.1は大きな目標だ。
   軽自動車市場での両社の販売シェアは、上半期はスズキが31.4%、ダイハツが29.9%。両社とも前年同期より0.6ポイント下げた。これまでリコール問題で販売不振に陥った三菱や商品戦略を見誤った富士重工などの落ち込み分を獲得し、シェアを伸ばした経緯がある。

2強以外のメーカーも追い上げる

   だが軽自動車市場が伸びる中で、三菱はアイ、富士重工はステラを発売し、加えて日産がモコの販売増持続、ホンダの販売チャンネル統合による軽自動車取扱店の拡大とゼストの販売好調など、各社が販売を伸ばしている。
   2強は大型新商品の投入時期が市場拡大とマッチせず、シェア維持も困難となってきた。ダイハツはソニカを発売したが、販売増には年後半のミラのフルモデルチェンジまで待たなければならない。一方のスズキは当面、新商品の投入予定がない。鈴木会長は「200万台行くかもしれないが、市場の勢いがいつまで続くかわからない」と慎重な構えを崩さない。
   いずれにせよ軽自動車の需要が高水準で続けば2強以外のメーカーも販売を伸ばすチャンスが拡大し、需要が下がり始めれば価格競争が予測される。市場の伸びが、スズキ、ダイハツの2強に不安をもたらしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中