10年過ぎたら ガス器具は捨てろ

印刷

   パロマ工業製のガス瞬間湯沸かし器による死亡事故が相次いで発覚したが、いまだに事故の責任は誰にあるのかはっきりしない。しかも、10年経ったガス瞬間湯沸かし器は、「製造者責任」が消え、部品もなく修理できる可能性も少ない。そんな状態で、どうやって命を守るのか。捨てるしかない、のである。

27件の事故で20人が死亡、パロマは謝罪広告を掲載した
27件の事故で20人が死亡、パロマは謝罪広告を掲載した

   今回の一酸化中毒事故は、2006年7月19日までに計27件、死者は計20人になった。27件のうち不正改造は14件で、老朽化による安全装置の劣化が4件、調査中や不明が9件。パロマ側では当初「原因は湯沸かし器の不正改造で、製品の問題は無い」と強調していたが、18日に「メーカーとしての責任はある」と謝罪した。事故の原因が不正改造だけでなく、機器の老朽化のせいでもあることがわかったからだ。では法律的にパロマの責任はどうなのか。

機器メーカーには販売後、点検管理の義務はない

   PL法(製造物責任法)では製造物責任の時効は10年。パロマの事故機器は17年以上前に製造されたもの。つまり、時効が成立していて、機器に関してだけなら責任がない。さらに、経済産業省JINビジネスニュースの取材に対し「ガス機器メーカーは販売後、点検管理の義務はない」と明かした。
   販売後に責任を持つのは東京ガスなどのガス供給会社。そのため2、3年に1回は点検に行っているはず、と経産省は話すが、ここでまた問題が出てくる。

「古くなったから買い換えませんか、とアドバイスしているはずですが、顧客が"まだ使える"と主張するのに対し、強く勧めると、押し付け販売という別の問題が出てくるんです」

   パロマ事件のもう一つの原因は不正改造だ。実は、メーカーが交換部品を保有する期間は、経産省の指導で新製品発売から7年。

10年たつと故障が目立って増え、メーカーに部品が無い

   住宅設備機器総合卸のアクセス21によれば、ガス瞬間湯沸かし器などの買い替えの目安は10年だという。「その頃になると故障が目立って増えてきますし、修理したくてもメーカーに部品が無い場合が多い。だから10年で買い換えをお勧めしてます」
   部品が無いのに使い続けるには不正改造しかない。したがって、被害は賃貸の古くて安いマンションやアパートに多い。財団法人日本ガス機器検査協会では、
「コストの問題で古い機器を使い続けるという話を聞きますが、取替え部品の無い修理や、不正改造は絶対に認めていません。あまりに危険です」と話した。
   結局、10年経ったガス瞬間湯沸かし器は、製造者責任の無い、しかも修理できる可能性が低いものなのだ。仮に死亡事故が起きても、訴訟で勝てるかどうか定かではない。
   経産省担当者との雑談で、JINビジネスニュースが「10年経ったら、生命の安全を考えたら、捨てちゃったらいいですよね」と聞いたら、「そうです」と言ったのは、この事件の本質を言い当てている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中