外勤も顔認証で管理する管理システム  H&T SGI KDDI

印刷

ヒューマンテクノロジーズ日本SGIKDDIは、EZFeliCa対応GPS携帯電話を利用した「内外勤統合勤怠管理システム」を共同で開発し、06年8月から販売をはじめる。

EZFelica(非接触ICカード技術)に対応したGPS(全地球測位システム)機能搭載のau携帯電話を社員に持たせ、内勤・外勤にかかわらず出退勤の時刻を「勤怠管理サーバ」に送信して記録する。内勤のときは、読み取り機にEZFelica対応の携帯電話をかざすすと、勤怠実績が記録され、同時に監視カメラでその画像も記録する。外勤のときは、自分の顔を撮影し、その画像とGPSの位置情報を管理サーバに送信する仕組み。顔の画像は登録した「現物」と自動的に刷りあわされるので、第3者がなりすますことはできない。さらに、管理サーバに送られた情報を、給与システムなどに反映することで、業務の効率化が図れる。

内勤時に打刻するFeliCaリーダー/ライター搭載監視カメラサーバ
内勤時に打刻するFeliCaリーダー/ライター搭載監視カメラサーバ
日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中