主婦の友、小学館 電子雑誌に参入

印刷

   電子雑誌の発刊が本格化してきた。小学館は紙と同じ料金・体裁で、雑誌の内容をウェブで配信するほか、主婦の友社のファッション誌「ef(エフ)」は、内容をウェブにすべて移行して、紙媒体での発行を取りやめた。「雑誌は画面で読む」がフツーになる日も近そうだ。

   主婦の友社が発行する創刊22年のファッション誌「ef」は、7月号を最後に紙媒体での発行をとりやめ、6月25日にオープンしたウェブサイト「デジタルef」での配信に切り替えた。現在は会員登録をすれば無料で閲覧できるが、06年秋をめどに有料化する予定だ。

   紙媒体の内容がウェブに転載されるのは一般的だが、紙媒体をやめてウェブに完全移行、というのは異例だ。しかも、ファッション誌というビジュアル重視の媒体が電子化されるのは従来なかったことだ。

有料化後の販売価格は1冊300円程度

紙媒体からウェブ上での配信に切り替えた主婦の友社の「ef(エフ)」。「パソコンで読めるOLファッション誌」との触れ込みだ
紙媒体からウェブ上での配信に切り替えた主婦の友社の「ef(エフ)」。「パソコンで読めるOLファッション誌」との触れ込みだ

   同社デジタル編集室はJINビジネスニュースの取材に対して

「元々、デジタルメディアで新しい事業展開を考えていた。それを検討する段階で、efについては、部数が厳しくなってきたこともあって、オンラインへの切り替えを決めた。主な読者層であるOLはインターネットへの親和性が高いと判断した。efブランドを生かした事業展開をしたい」

と話している。サイト有料化後の販売価格は1冊300円程度を予定している。ページ数は、紙媒体の6割程度になるという。紙媒体の価格が650円であることを考えると、ページ当たりの価格は、紙でもウェブでも大差ないようだ。だが、実際のところは

「ウェブでの価格の『相場』を探っているところなんです」(同社デジタル編集室)

と、試行錯誤をしている段階なのだという。

   小学館も、06年10月にも電子雑誌出版事業に参入する。主婦の友社とは違い、紙媒体と全く同じ内容のものを、紙媒体と同一料金で配信する。06年内には対象を3誌に広げる。同社ネットメディアセンターは、参入の狙いを

「これまでに本屋に行かなかった層にも雑誌を読んでもらえるようにしたい。あわせて、雑誌の一部だけを読むことができる『立ち読み機能』をきっかけに、定期購読の申し込みがあったり、紙の雑誌を買ってもらうことも期待している」

と話す。ウェブは紙媒体の販促ツールだ、というスタンスだ。efのように紙媒体を廃止してウェブに完全移行する計画はあるのか、という問いにも「まったくありません」という答えが返ってきた。さらには、

小学館 ネットだけで提供する雑誌の創刊も計画

「まだ正式決定ではないが、11月にはネットだけで提供する雑誌の創刊も計画している。ネット上でヒットすれば、紙媒体での創刊も考える」

という。「基本は紙媒体」という「軸」は、かなりしっかりしているようだ。

   紹介した2社のほかにも、リクルートは海外旅行情報誌「エイビーロード」を06年10月号で休刊し、旅行サイト「エイビーロードネット」にサービスを一本化するなど、紙媒体の衰退が目立っている。

   紙媒体をやめてネットに乗り換えてしまうのか、それともネットを使って紙媒体の生き残りを図るのか。各社のアプローチはさまざまだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中