デジカメ ピントや液晶、画素数以外で勝負

印刷
富士写真フィルムが発売する「FinePix S6000fd」(下)とカシオが発売する「EXILIM ZOOM EX-Z700」(上)
富士写真フィルムが発売する「FinePix S6000fd」(下)とカシオが発売する「EXILIM ZOOM EX-Z700」(上)

デジタルカメラの高画素化が進んでいるが、その一方で画素数以外の性能で勝負するメーカーも登場している。
富士写真フィルムが2006年9月上旬に発売する「FinePix S6000fd」は、世界最速という顔検出機能「顔キレイナビ」が「ウリ」だ。最短約0.05秒で最大10人の顔を一度に検出でき、人物の顔にピントを合わせ、さらに顔を適切な明るさに自動調整する。高感度ISO3200との相乗効果で、暗い場所でも顔検出ができるほか、背景にピントが合うことを防ぐ。広角28mm~望遠300mm、10.7倍ズームレンズを搭載している。オープン価格。
一方、カシオが06年8月10日から発売するコンパクトデジカメ「EXILIM ZOOM EX-Z700」は、高輝度液晶を搭載していることがアピールポイント。晴れた屋外でも見やすいように液晶を明るくしたうえに、2.7インチの大画面のため液晶が見やすい。こちらは、有効画素数720万画素・光学3倍ズームレンズ搭載。オープン価格。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中