オーマイニュース 「嫌韓」でブログ「炎上」

印刷

   韓国で人気のインターネット新聞「オーマイニュース」の日本版が2006年8月28日、創刊される。オーマイニュース編集部は「開店準備中Blog」をオープンし、創刊準備を進める様子を伝えている。だが、このブログのコメント欄の様子が穏やかではない。韓国で始まったメディアであることから、「売国奴」などの攻撃的な書き込みが相次ぎ、なかば「炎上状態」なのだ。

   オーマイニュースは00年2月に韓国で登場、「市民記者」として登録すれば、誰でも記事を書けるのが特徴だ。4万人以上の「市民記者」が記事を執筆し、1日250本以上の記事が掲載される。
   06年3月にはオーマイニュースが7割、ソフトバンクが3割出資して日本法人「オーマイニュース・インターナショナル」が設立された。5月にはジャーナリストの鳥越俊太郎氏が編集長に就任、6月からは「開店準備中Blog」を開設した。

「偏向報道は止めてください」といった書き込みが殺到

「開店準備中」ブログ。「創刊まであと26日!」との文字が躍る
「開店準備中」ブログ。「創刊まであと26日!」との文字が躍る

   その内容は、サッカーW杯の現地レポート、世界中の市民記者が集まって開かれた「世界市民記者フォーラム」の体験記、企画案の募集、スタッフの意気込みなど多岐にわたる。
   コメント欄にも多数の書き込みがあり、活発な議論がかわされている。だが、その中には、

「偏向報道は止めてください。朝鮮資本ってことで警戒してます」
「OhMyNewsは所詮は韓国版の焼き直し。日本叩き、日本の政府叩き、北朝鮮擁護をしたい人たちの集まりなのは明らか」

と、穏やかでない書き込みも少なくない。

   毎日新聞は8月1日「にっぽんに思う」という連載の中でオーマイニュースを紹介し、その中で、鳥越編集長が「嫌韓」の書き込みについて、こう分析している。

「戦争を知らない若い世代が、経済発展した韓国に違和感を覚え、過去にあった差別意識を再生産した。ネットという匿名の場に、ネガティブな感情が噴出している」

   このブログ、8月1日から「市民記者」と、氏名とメールアドレスなどを事前登録した「準市民記者」以外は、コメントを書き込めない仕組みに変更した。だが、これは「嫌韓」書き込みとは関係ない、というのだ。オーマイニュースの広報担当はJ-CASTニュースの取材に対してこう語る。

登録制移行は当初予定通り、と説明

「現在は『開店準備中』の(誰でも書き込める)ブログを、正式オープンが迫ってきたこともあり、登録制に移行することになりました。当初から計画されていたことです」

   さらに、「開店準備中ブログ」に掲載されたお知らせでも、制度変更の理由が

「オーマイニュースが匿名による誹謗・中傷・暴言・侮辱などを『責任ある参加』とは考えていないためです」

と説明されている。

   すでに書き込まれたコメントについても、個人情報が掲載されたり、スパム(アダルトサイトの宣伝など)以外は、削除せずにすべて残してあるのだという。「炎上」が登録制移行の理由なのではないか、という問いには、

「そうならば、もっと早くに移行しています。(「炎上」が起こることについては) ブログという性質上やむを得ません」

と話している。

   今後は「市民記者専用」になるこのブログ、どのような議論が繰り広げられていくのだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中