レクサスLS すでに予約で「満杯」

印刷

   トヨタは、2006年9月にレクサスの最新モデル「LS」を発売する。公式には販売日程、価格などは未定で、予約も始まっていない。ただ、実際には「LS」の予約を販売店では受け付けていて、納車は年明けになるほど、予約がいっぱいなのだ。

   LEXUS LSシリーズは、1989年から発売されたトヨタ自動車の大型の高級セダン「セルシオ」が前身。米国ではすでにLSとしてレクサスブランドのフラッグシップカーとして販売されている。日本では、レクサスの上陸に合わせてセルシオをトヨタ・ブランドで販売することをやめ、レクサスでLSシリーズとして売り出すことになった。

今予約しても、納車は年末か年明け

レクサスが発売する「LS460」。今予約しても、いつ納車になるのか?
レクサスが発売する「LS460」。今予約しても、いつ納車になるのか?

   06年9月に発売される「LS 460」は、3タイプあって実際の価格は770万~965万円になる。レクサスでもトップクラスの加速性能・低燃費・低排出ガスを実現するV8 4.6リットルエンジンを搭載しているほか、遠隔操作でエンジンを始動できなくする「リモートイモビライザー」も搭載している。
   レクサスブランド全体では、日本国内での05年8月から05年末までの販売台数はわずかに1万300台。当初の販売目標の2万台を半分近く割り込むほどの不振だった。06年上半期(1~6月)も販売台数は1万600台と伸び悩んでいる。
   このような不振にもかかわらずトヨタは06年の国内販売計画を約3万台とする方針を打ち出している。06年下半期(7~12月)で上半期の2倍近くの販売台数を見込んでいることになるが、その理由もこのLSシリーズがレクサスブランドの「切り札」で、販売台数の急伸に自信があるからだ。

   実際に、トヨタの期待どおり「LS発売」の情報は一般消費者にも浸透し、レクサスの販売店では予約が殺到している。「LS 460」の実際の発売は06年9月19日。多くの店舗では予約受付が7月から開始され、いまでは予約がいっぱいで、納車できる時期も明確ではない。仮に06年8月現在に予約をしたとしても、納車できるのは06年末~年明け頃になる見通しだ。

「予想をはるかに上回る予約を頂きまして…」

   ある販売店の店員は「予想をはるかに上回る予約を頂きまして…」と納車の時期が定かでない上に、大幅に遅れる理由を恐縮して語った。発売前の販売店には、カタログはあるが現物の「LS 460」のディスプレイもない。試乗もできない。予約をしてしまえば、変更も効かない。それなのに、なぜこれほどLSが人気なのか。レクサス目黒店の店員は次のように語る。

「もちろんカタログで判断するということになるが、やっぱり多くは以前セルシオに乗っていた方が、セルシオが良かったからLSでも良いだろうということで購入される」

   他店舗にも問い合わせたが、やはりセルシオの所有者が予約するケースが多いという。
   LSの前身にあたるセルシオは、現在でも人気は根強く、中古車を扱うオークネットの成約ランキングでも06年3月から3ヶ月連続で1位に輝いている。レクサスLSシリーズの予約殺到は、「当たり前」でもあるが、レクサスブランドの不振に頭を悩ますトヨタは、ほっとしているに違いない。
   2007年春にはLSシリーズからハイブリッドモデル「LS600h/600hL」が発売される予定だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中