テロ防止監視カメラ 有効なのか

印刷

   2006年8月10日、ロンドン警察は、英国発米国行きの複数の旅客機を同時爆破するテロを計画した、として24人を逮捕した。日本から米国行きの便でも、ペットボトルや整髪料などの液体の機内持ち込みが禁止されるなど、「テロ未遂」の波紋は広がっている。そんな中で、監視カメラを使ってテロリストを事前に識別する「顔認証」を導入しようと動きも進んでいる。これを「プライバシーの面から問題だ」として批判する声も出ている。

画像から顔部分を切り出して、データと照らし合わせる

監視カメラでテロは抑止できるのか、議論は分かれそうだ
監視カメラでテロは抑止できるのか、議論は分かれそうだ

   06年5月1日から17日まで、「顔認証システム」の実証実験が国内で初めて行われた。財団法人・運輸政策研究機構が主体となって行ったもので、東京メトロ・霞ヶ関駅の改札の天井にカメラを設置し、改札を通過する実験対象者を撮影。撮影した画像から顔の部分を切り出して、事前に登録されているデータと照らし合わせる、という仕組みだ。システム自体は米国で市販されているものを使用し、97%の割合で正しく判定できる精度だという。実験では、一度に多くの客が改札を通る場合や、マスクをつけた場合でも正しく区別出来るかなどを調べた。

   この実験は、テロ対策を想定して行われたものだが、今回の「テロ未遂」で、この取り組みにどのような影響があるのだろうか。実験を行った運輸政策研究機構はJ-CASTニュースの取材に対し、

「まだ、結果をとりまとめて技術面の検証をしている段階です。あくまで技術的な観点での検証です」

と話し、技術的な検証と、その技術を実際に運用するかは別の問題だという見方を示した。

確信犯はカメラでは止められない

   もちろん、このような取り組みには反対の声も上がる。

   「監視社会を拒否する会」事務局の原田さんはこう話す。

「監視カメラは、万引きなどには抑止力があるかも知れませんが、テロの犯人は確信犯ですから、カメラに写ったところで犯行を止められません」

と、テロ対策には意味がない、と主張する。

   さらに、こう指摘する。

「テロ対策を名目にして、全然関係ない人にまで監視の目を広げようとしている。それに危惧を覚えています」
インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中