マツダ RX-8を一部改良 ATが6速に

印刷
マツダが発売する「マツダRX-8 Type E サンドベージュレザーパッケージ」(6速AT)
マツダが発売する「マツダRX-8 Type E サンドベージュレザーパッケージ」(6速AT)

マツダは、スポーツカー「マツダRX-8」を一部改良して2006年10月中旬から発売する。ギア数を4速から6速化にしたほか、高回転域での吸気効率の高い6ポートエンジンを採用することにより、加速性能と静粛性を向上させた。走行状況に応じてシフトパターンを最適化するAAS(アクティブ・アダプティブ・シフト)機能もグレードアップし、走りの質感の向上を実現した。インテリアでは、「RX-8 Type S」および「RX-8 Type E」に、サンドベージュ本革シート、本革巻ステアリング、アルミペダルなどを含んだ「サンドベージュレザーパッケージ」をオプションで設定した。価格は、253万500円~309万2,250円(税込)。06年8月22日から先行予約を受け付けている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中