日本の金融機関 「イスラム金融」に進出

印刷

   利子を否定する「イスラム金融」に、国内の金融機関が熱い視線を送っている。狙いはズバリ、オイルマネー。原油高騰でだぶついたオイルマネーの受け皿を目指し、国際協力銀行(JBIC)がイスラム教の教えに基づく「イスラム債」の発行計画に着手したほか、邦銀とJBICがイスラム教に基づく「イスラム金融検討会」を発足させた。損害保険会社も「イスラム保険」の取り扱いを急増させるなど、動きが急だ。アルコール飲料やカジノ関連の企業への融資は認めないなど教義上の制約は多いものの、金融機関からの利子支払いもできないため、調達コストが実質ゼロ。その魅力も大きく、イスラム熱は高まる一方だ。

   JBICは東南アジアのイスラム教国、マレーシアでイスラム債の発行を計画している。発行時期や規模は未定だが、モノやサービスの提供を債券に組み込むことで対価の意味合いを持たせ、利子の代わりに支払う手法などが浮上している。

コーランは「不労所得」を禁じている

イスラム圏の銀行広告。日本の金融機関でも「イスラム熱」高まる
イスラム圏の銀行広告。日本の金融機関でも「イスラム熱」高まる

   もともと、イスラム金融は、イスラム教の聖典コーランが、働かずに利益を得る「不労所得」を禁じ、金利や投資を認めていないところから生まれた。教えを厳格に守れば銀行も生損保も認められないため、イスラム圏では長く金融機関が育たなかった。しかし、膨らみ続けるオイルマネーの受け皿として富裕層が欧米の銀行に預金する中、70年代にこれをよしとしない動きからイスラム銀行が生まれた。

   担保をとった融資はできず、事業に共同出資して利益の一部を配当金として受け取る「プロジェクトファイナンス」による資産運用が主流だ。オイルマネーを背景に資産規模は約4,500億ドル(約52兆円)に拡大。世界で10億人以上といわれるイスラム教徒は、イラク戦争などが原因で欧米の金融機関を嫌い、利用が増えていることもあり、年10%以上の成長を続けている。

   邦銀がイスラム銀行に高い関心を寄せるのは、オイルマネーの確保に加え、力を付けたイスラム銀行が石油プラント開発などの大型事業に深く関与し始めたためだ。

   東京三菱UFJみずほなどメガバンク3行は06年5月、JBICと「イスラム金融検討会」を結成。現地にイスラム銀行子会社を設立した欧米系金融機関などの情報収集を始めた。JBICは検討会発足に合わせ、イスラム法学者による審査機関「シャリア・アドバイザリー・グループ」を設置。邦銀の参入後、事業内容が戒律に反していないかの情報を提供する方針。

「イスラム保険」も盛り上がる

   「イスラム保険」も盛り上がっている。西側の手法は教義に反するものの、契約者がお金を出し合って、被保険者に「寄付」する「タカフル」は「イスラム保険」として認められている。

   損害保険最大手の東京海上日動火災保険を傘下に持つミレアホールディングスは04年、インドネシアの現地法人にタカフル部門を開設し、現在は3倍以上に契約高を伸ばした。今年3月にはマレーシアでタカフルの営業免許を取得し、年内にも現地財閥と合弁会社を設立する。

   東京海上日動が期待するのは、市場の将来性だ。マレーシアのタカフル普及率は5%程度だが、人口の6割がイスラム教徒といわれるだけに拡大の余地が大きいとみる。同社は今後3年間で、タカフル契約高を現在の3倍超の100億円超に伸ばしたい考えだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中