直木賞作家「犬猫殺し」 批判の嵐拡大

印刷

   直木賞作家の坂東眞砂子さんが日経新聞掲載のエッセイで「子猫殺し」を告白したことが大手マスコミに報じられ、坂東さんに対する批判は高まるばかりだ。

全国紙5紙、スポーツ紙や夕刊紙も報道する

J-CASTニュースに対してもコメントが多数寄せられた
J-CASTニュースに対してもコメントが多数寄せられた

   J-CASTニュースでは8月21日に「子猫殺し疑惑」、さらに同23日に「子犬殺し疑惑」を報じた。それを追うように、24日には日経を含む全国紙5紙も「子猫殺し」問題を取り上げた。スポーツ紙や夕刊紙も同様で、特に夕刊フジでは「子犬殺し」についても報じている。

   J-CASTニュースに対しても、多数のコメント・トラックバックが寄せられている。今回の記事2本に対して寄せられたコメントの数は45を超えており、異例の多さだ。内容はというと、やはり坂東さんに対する非難の声が多い。

「身をもって痛みを感じたのは、母猫から引き離されて崖下に投げ落とされた子猫と、子猫を取り上げられた母猫のほう。 『殺す痛みを背負う』などと綴られても、自分の行為に陶酔している様にしか感じられない。自分の心の状態にだけ目を向けないで欲しい」

「動物を飼育する権利はないと思う。坂東さんは自分が一度、子猫を投げ捨てている崖へ落ちてみるといい」

日本動物愛護協会、日経新聞に調査申し入れ

   この告白について、日本動物愛護協会は、J-CASTニュースの取材に答え、

「『子猫を殺す』ということ自体は、過去に行われたことがあるのかもしれませんが、それを公のメディアで公表し、さらにそれを正当化してみせるというのは、聞いたことがありません」

とあきれた様子だった。同協会には、「あのコラムはひどい」という声が数十件寄せられたといい、来週以降、同協会では本当に「猫殺し」があったかについて、日経新聞に調査を申し入れる。さらに、

「『猫殺し』は、フランスでも日本でも違法なので、調査結果を待って、新たな対応を考えます」

と話している。

   一方の日経新聞社・社長室広報グループは、J-CASTニュースの取材に対して、24日18時までに671件のメールと173件の電話が寄せられており、「不快だ」「理解に苦しむ」など、多くが批判と抗議だと明らかにした。また、原稿掲載の経緯については

「坂東氏には、これまでの文学的業績などを評価して、7月7日から夕刊の『プロムナード』の執筆をお願いしました。個々の原稿の内容については、原則として、筆者の自主性を尊重しています。今回の原稿についても、ファックスで受け取ったものを事前に担当者が筆者に内容を確認した上で掲載しました。様々なご意見は真摯に受け止めたいと考えています」

と説明している。あわせて、坂東さんは、日経新聞を通じて以下のコメントを発表した。

「タヒチ島に住みはじめて8年経ちます。この間、人も動物も含めた意味で『生』ということ、ひいては『死』を深く考えるようになりました。7月から開始した日本経済新聞社紙面、『プロムナード』上での週1回の連載でも、その観点からの主題が自然に出てきました。『子猫殺し』のエッセイは、その線上にあるものです。ことに、ここにおいては、動物にとっては生きるとはなにか、という姿勢から、私の考えを表明しました。それは人間の生、豊穣性にも通じることであり、生きる意味が不明になりつつある現代社会において、大きな問題だと考えているからです」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中