やっぱり親王誕生? 週刊現代と文春が「断定」

印刷

   紀子妃の出産を間近に控え、生まれてくるのが男の子、と断定する週刊誌の報道が賑やかになってきた。2006年8月31日発売の「週刊文春」(9月7日号)では、秋篠宮本人が親しい友人に「男の子でしょうか」と聞かれ、「ええ、そのようです」と答えた経緯などが掲載されている。

   週刊文春は9月7日号で「自民党幹部や医療関係者、報道陣などの間でも、"男児説"はいまや決まりきったことのように話されています」という皇室ジャーナリストのコメントを載せ、実は秋篠宮本人も「第三子は男の子」であることを明かしていると書いた。

早くも「祝 親王誕生カウント・ダウン」

   それは今から3ヶ月前のことだという。秋篠宮が友人と二人きりのときに、「二人女の子が続きましたから、次は男の子でしょうか」と聞かれ、「ええ、そのようです」とはっきりと答えたというのだ。同誌はその友人に直接取材し、「性別診断ができてもおかしくない時期でしたし、そんな重要なことを適当に仰る方ではありません」と言ったという。

   男の子か女の子かを巡る報道で早くから「独走」していたのが「週刊現代」だ。06年5月4日号こそ「なぜか囁かれ始めた紀子様『男児ご出産』説」という控えめな見出しだったが、6月17日号は「第3子は『男の子』これだけの吉報」と強気に変わり、8月5日号では「本誌吉兆スクープどおり」と自画自賛。9月2日号では「(祝)親王誕生カウント・ダウン」と既成事実かのような見出しを躍らせた。

女性誌にはなぜか動きがない

   男児である根拠を同誌は(1)「政界で男子誕生の話が広まっていて、安部官房長官も男の子だと言っている」などの議員のコメント(2)女児用の袴が発注されていない(3)帝王切開を早々発表するのは異例なだけに、重大な出産であり、男児だということを告白しているようなもの――と書いている。
   ただ、「独走」の週刊現代でもJ-CASTニュースの取材には「この問題についてはコメントできない」と微妙な反応をしている。

   一方で、皇室関連記事が付き物で、売り物であるはずの女性誌にはなぜか動きがない。なぜなのか。J-CASTニュースでは「男児誕生」報道をどう見るかについて、聞いてみた。

   「女性セブン」編集部は「非常にナイーブ問題で、当方としては慎重に取材していまして、他誌がどう報道しているかについてのコメントはできない」と話した。「女性自身」は、「まだ宮内庁などからの発表がないため、男の子か女の子かの記事は書けない」と話す。

   2誌とも、奥歯にものがはさまったような回答だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中