松下のノートパソコンも発熱のおそれ

印刷

松下電器産業は、同社製のノートパソコン「レッツノートCF-W4G」の一部製品で、リチウムイオン電池バッテリーが発熱、変形するおそれがあるとし、2006年9月4日から約6,000台の無償交換を始めた。05年5月に発売したもので、落下など強い衝撃を受けた場合、バッテリーの保持部分が破損するなどして発熱、変形するケースがあるという。電池は他社製で、発火騒ぎのあったソニー製ではないという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中