郵政公社最後の年賀はがき発売 昨年より7%減

印刷

郵政公社は2006年9月5日、2007年用の年賀はがきを06年11月1日から発売すると発表した。07年10月の民営化を控え、公社としては最後の年賀はがきの発売となる。
年賀はがきの発行枚数は前年比7.2%減の37億9,000万枚。年賀切手も7.8%減の5,690万枚となった。インクジェット写真用の年賀はがきは、前年の倍の1億枚販売する。また、切手部分の下にオリジナルのロゴや商品の広告を印刷できるサービス(郵送料込みで1枚60円)を新たに始めた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中