次世代DVD 年末商戦が「天王山」に

印刷

   規格争いが続く次世代DVDは、ソフトだけでなく録画、再生機器の投入も始まり、「ブルーレイ・ディスク」と「HD−DVD」陣営が年末商戦で本格的に激突する。

次世代DVD、年末商戦で激突へ
次世代DVD、年末商戦で激突へ

   規格争いが続く次世代DVDのうち、ソニー松下電器産業が主導する「ブルーレイ・ディスク」(BD)陣営の19社が2006年8月29日、東京都内で合同の発表会を行い、BD対応の映画ソフトなど75タイトルを今秋以降、日本国内で発売すると発表した。東芝が主導するもう一方の「HD-DVD」(HD)陣営は、ソフトだけでなく録画、再生機器(ハード)の投入も始めており、両陣営の当面の取り組みがこれで出そろった。どちらの規格が消費者の支持を獲得するか、年末商戦を「天王山」に、両者がいよいよぶつかり合う。

大ヒットした映画「ダ・ヴィンチ・コード」の投入も予定

   BD陣営で映画ソフトなどを発売するのは、BDを支持する米大手映画会社など14社。BD規格だけを支持するウォルト・ディズニーは11月8日に「ダイナソー」など映画4本を発売するのをはじめ、07年1月までに12作品(各4935円)を出す。ソニー・ピクチャーズエンタテインメントも11月に12作品(各4,980円)を発売し、その後には大ヒットした「ダ・ヴィンチ・コード」の投入も予定している。このほか、音楽やアニメ、風景映像など多彩な内容をそろえる。

   次世代DVDは、記録の読み取りに青色レーザーなどの新技術を活用して、現行のDVDでは難しい高精細なデジタルハイビジョン放送や映画、ゲームの長時間録画を可能にしたのが最大の特徴だ。ディスク1枚当たりの記憶容量ではBD陣営に軍配が上がるが、HDは現行DVDと構造が似通っているため、現行の生産設備を「流用」できて安く生産できるメリットがある。
   昨年まで行われていた両陣営による規格一本化の交渉は事実上決裂したため、ソフト、ハードとも2規格が併存する形になった。

年末商戦に合わせてソニー、松下が録画・再生機を発売

   ハードの商品化は、日本ではソニー、松下が年末商戦に合わせて録画・再生機(レコーダー)を発売する準備を進めている。発表は9月中になる見通し。北米市場ではこれより早く、松下が9月に再生機(プレーヤー)を約1,300ドルで発売するほか、ソニーが10月、パイオニアも今秋プレーヤーを発売する。BD陣営では「消費者のためにも、規格争いにはできるだけ早く決着を付けたい」(松下)考えで、ソフト、ハードが出そろう年末商戦で一気に優位性を確立する戦略だ。
   これに対しHD陣営は、消費者の認知度を高めて規格争いを有利に進めようと、ハード、ソフトの双方とも国内発売はBD陣営に先行した。ソフトは、8月31日までに映画会社など7社が計24本、年末までに9社が70本を投入する予定だ。ハードでも先行し、東芝が3月にプレーヤーを、7月にレコーダーをそれぞれ発売している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中