麻生氏応援する 「フラッシュ」が大人気

印刷

   2006年9月20日の「ポスト小泉」を決める自民党・総裁選は安倍晋三候補の圧勝の見方が強い。ところが、ネット上の「投票」では、麻生太郎候補が安倍氏の支持を引き離している。さらに、応援するフラッシュが大人気になるなど、麻生氏の存在感が突出している。

   ネット上では麻生氏の人気がずば抜けている。
   ヤフーの「Yahoo!みんなの政治」のなかでの投票「自民党総裁選に投票できるなら、どの立候補者に投票しますか?」(06年9月11日現在)では、麻生氏が50%でずば抜けてトップ。安倍氏(20%)、谷垣禎一氏(32%)の両候補を大きく突き放した。他のメディアで見られる支持率とは大きな違いだ。

ミクシイでは「麻生太郎氏の口の悪さを楽しむ会」

評判の「ウルトラマンガタロウ」。麻生氏は見ているのだろうか
評判の「ウルトラマンガタロウ」。麻生氏は見ているのだろうか

   SNS「mixi」では「麻生太郎氏の口の悪さを楽しむ会」というコミュニティがあり、実に5000人以上が参加する人気コミュニティとなっている。コミュニティ名から麻生氏を批判するのかと思うと、そうではなく、大半は麻生氏を支持する人だ。「ITの発達で05年までに日本の役所では書類がなくなり、すべてがフロッピーですむ時代になる」という発言をはじめとして麻生氏がITの象徴として「フロッピー」を何度も挙げることから「フロッピー麻生」などと呼ばれているほか、麻生氏を支持するカキコミも多く見られる。
   ネット上ではさらに、「ウルトラマンガタロウ」とういう麻生氏を応援するフラッシュが大人気だ。これは「ウルトラマンタロウ」の主題歌を使ったもので、麻生氏にまつわる画像と「筑豊の父がいる、筑豊の母がいる、そして太郎がここにいる(中略)太郎が飛び立つ、太郎が戦う、太郎!太郎!太郎!ウルトラマンガタロウ」などのテロップが音楽に合わせて流れ、替え歌として歌えるものだ。このフラッシュは「おもしろい」と評判で、掲示板・2ちゃんねるなどでもこれに関連するスレッドも見つけられる。このフラッシュは、麻生太郎事務所のスタッフのなかでも評判になったという。

オタクと呼ばれる人たちの心もバッチリ掴む

   ネット以外でも「健闘」が目立つ。06年9月9日の秋葉原駅前での総裁選に向けた演説で、麻生氏は「自称オタクの皆さん!」と呼びかけ、さらには人気サッカー漫画「キャプテン翼」など得意の「漫画ネタ」を挙げて演説するなど、安倍・谷垣両候補とは一味違ったキャラクターでその存在感が際立った。麻生氏は1週間で10冊以上のコミック誌を定期購読するほどの「漫画通」。オタクのあいだで大人気の『ローゼンメイデン』(幻冬舎)といったゴシックロリータ調の主人公が登場する漫画も愛読しているとも言われ、一部で「ローゼン閣下」と呼ばれるほど。演説では、「日本のサブカルチャーが、新しい日本のイメージとしてアジアに浸透している」と発言するなど、演説の大半は「日本のサブカルチャー」に関係することで、秋葉原にいたオタクと呼ばれる人たちの心もバッチリ掴んだ模様だ。
   麻生太郎事務所に「麻生氏はフラッシュを見ているのか」とJ-CASTニュースが尋ねてみたところ次のような答えが返ってきた。

「あるのは知っていると思いますよ。見ているかどうかは分からないです。ただ見る暇がないと思います。事務所のスタッフのあいだでは『これはすごいねぇ』と評判です」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中