ファイナルファンタジーIII リメイクでも面白い

印刷

   ニンテンドーDS用のゲームソフト「ファイナルファンタジーIII」(FF3)が、2006年8月24日の発売から4日間で50万本の売れ行き(エンターブレイン調べ)になる大ヒットになっている。豪華でリアルな映像表現をするFFシリーズだったが、それに比べ「FF3」は映像がシンプル。いつもは数十億円もの開発費をかけるが、今回はその5分の1から10分の1程度だという。「グラフィックで売る時代」は終わったようだ。

   「FF3」はもともと、スクウェア(現在はスクウェア・エニックス)が1990年4月27日にファミコン用に発売したソフトで、当時は140万本が売れた。それを全面的にリメイクして発売したのが今回のDS用ソフトだ。

ゲームソフト シンプル時代の始まり

ニンテンドーDS向けにリメイクした「FF3」が大人気
ニンテンドーDS向けにリメイクした「FF3」が大人気

   スクウェア・エニックス広報は今回の大ヒットを「FFのネームバリューと、リメイクを期待したファンが買ってくれたのではないか」と分析するが、リメイクなだけに、ゲーム業界では「ファンから映像に対する疑問が出るのではないか」とも囁かれていた。しかし、ネットでの評価を見ると「面白い!」が並んでいる。

   一方、任天堂広報はJ-CASTニュースの取材に、

「映像がリアルでキレイだから売れるとか、そういう時代は終わっているんです。ゲームが面白いかどうかが問題。複雑で難しいゲームもファンは食傷気味です。昔のシンプルな楽しさを思い出してほしい」

と語る。

   その任天堂は、06年末までに家庭用の次世代ゲーム機「wii」(ウィー)を出す。『最新スペック競争を否定した据え置き型ゲーム機』とも業界では言われ、次世代DVDプレーヤー機能はなく、また、映像出力もハイビジョンには対応していない。

懐かしいソフトもダウンロードして遊べる

   任天堂広報は先の回答に付け加え、「今までに無い驚きを提供したい。(PS3Xbox360などグラフィックの凄さをアピールする)他社とは目指すものが違う」と話した。23年前に発売したファミコンソフト、スーパーファミコンソフト、ニンテンドウ64などの懐かしいソフトもインターネットでダウンロードして遊べる機能も加えている。

   これまでゲームソフトメーカーの多くは、数億円~数十億円もの膨大な開発費をかけグラフィック高度化を進めてきたが「ゲーム離れ」でソフトが売れず、経営体力を削がれてきた。DSを中心に開発費を抑えたシンプルなゲームが売れていることで、大手ゲームメーカの幹部は「利益が確実に出るようになっている。この利益を新しいアイデアのゲームに投資しできる」とJ-CASTニュースに話す。かつてゲームに熱中できた時代への「原点回帰」が始まろうとしているのかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中