液晶テレビ 年末は 40型以上が主力になる

印刷

   液晶テレビで激しい覇権争いを繰り広げているシャープソニーが2006年8月末、相次いで年末商戦向けの新製品発表を行った。両社とも昨年の年末商戦では30型台が主力だったが、今冬は40型台以上の大画面商品に軸足を移したのが特徴だ。従来このサイズを得意とした松下電器産業などプラズマテレビ陣営との競合も含め、勝ち残りを賭けた販売競争はますます激化しそうだ。

シャープ 40型以上の割合を06年度中に4割に引き上げ

シャープは、亀山第2工場モデルを投入
シャープは、亀山第2工場モデルを投入

   シャープは、40型以上の大画面液晶テレビ3モデルを10月に世界同時発売する。急拡大する市場に商品供給が追いつかず、05年末に出荷台数の世界シェア1位の座から転落したが、大画面パネルを効率的に生産できる最新鋭の亀山第2工場(三重県亀山市)が06年8月に稼動し、海外攻略に不可欠な大画面テレビの供給態勢が整った。発表会見8月31日の発表の記者会見で片山幹雄専務は「これから反転攻勢に出る。世界同時発売は世界で戦うという強烈なメッセージだ」と意気込みを語った。
   亀山第2工場のパネルを使って10月から発売するのは52型(店頭想定価格60万円前後)、46型(同50万円前後)、42型(45万円前後)の3モデル。特に52型は競合メーカーより20万円も安い戦略的な価格設定だが、効率生産が可能な同工場の稼動で十分利益が出る、という。

   シャープは01年1月に「アクオス」を発売し、液晶テレビ市場を開拓。国内では現在でも50%近いシェアを誇る。しかし04年稼動の亀山第1工場は30型台で、後続のソニーや韓国サムスン電子が40型以上に適した新工場で参入すると、海外中心にシェアが低下。02年の世界シェアは54%あったのが、06年4~6月期には12%に落ち込んでいた(米ディスプレイサーチ調べ)。現在は数%しかない40型以上の大画面テレビの割合を06年度中に4割に引き上げ、世界シェア1位の奪還を目指す。

ソニー 年末商戦で40型以上が5割を超える

   一方のソニーは8月30日、年末商戦向けに発売する液晶テレビ「ブラビア」の新商品を発表した。同社としては最大となる52型を新たに発売するのが目玉。ソニーは昨年10~12月期以降、3四半期連続で液晶テレビの販売シェア(金額ベース)で世界1位が続いているが、同日記者会見した井原勝美副社長は、商品力強化をテコに今年の年末商戦でも首位の座を死守する考えを示した。
   新商品は9月以降順次発売する。店頭想定価格は52型が80万円前後、46型が45万~55万円前後、40型が35万~45万円前後など。同社の従来の最大サイズは46型だったが、売れ筋の変化に対応し大画面商品を大幅に増やす。同社は年末商戦で40型以上の販売割合が5割を超えると予想している。新商品ではこの他、高画質のフルハイビジョン機種を増やした。井原副社長は「テレビ事業の黒字化まであと一歩だ」と述べ、公約だった06年度下半期の黒字転換に自信を示した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中