神奈川県議のブログ「とばっちり」で炎上

印刷

   横浜市日産スタジアムで行われたJリーグの試合で、観戦していた自民党議員が試合中に「自民党」と表記したシャツを着たり、のぼりを立てるなどした問題で、ある神奈川県議のブログに非難が集中、「炎上」に追い込まれた。しかし、これは「とばっちり」だった。

   2006年9月9日のJリーグ1部横浜Fマリノス川崎フロンターレの「神奈川ダービー」での出来事。自民党横浜市連側は事前にマリノス側から2000人分の客席を手配され(チケットは購入)、試合を観戦した。その集団の一部が、「自民党」と記されたシャツを着用し、議員の名前が入ったのぼりを立てるなどした。マリノス側は、政党の宣伝活動にもなりかねないとし試合中に注意し、のぼりを撤去させた。後日、同クラブは自民党横浜市連に抗議し、市連側は同クラブに謝罪した。

ブルーのシャツ着用の集合写真が誤解生む?

問題の行動とは無関係なブログが炎上に追い込まれた
問題の行動とは無関係なブログが炎上に追い込まれた

   これに関連して自民党神奈川県議会議員のブログに外部から批判コメントが殺到した。

「ユニフォームに似せた青いシャツの党名などは有権者に擦り寄ろうとする貴方の卑しい意図が明確に現れていて、とても不愉快で気分が悪くなります。」
「この方たちはこの格好でスタジアムにいたのですか? だとしたら信じられない。 血税もらって仕事する立場の人が、その行為がどんな事か判断できないようじゃコンビニの玄関前でゴミ散かして座っている連中とレベル同じじゃないですか???」

   ブログには、同議員が自民党横浜市連幹事長など横浜市連の議員・支援者などと一緒に写っている写真が掲載されていた。横浜Fマリノスのグッズを持ち、「自由民主党」と書かれたブルーのシャツを着用している集合写真である。

「9月9日にサッカーJリーグ神奈川ダービーマッチ・横浜FマリノスVS川崎フロンターレの試合が行われます。ヨコハマ自民党では、サッカーをはじめスポーツを通して明るく元気な街づくりを推進しており、その一環として、地元のJリーグチーム・横浜Fマリノスを応援しています。昨日、そのテレビCMとPRチラシ用の撮影が行われ、青年局所属の議員として撮影に参加しました」

「こんなことで一方的に攻撃されるのはフェアじゃない」

   ブログに書かれた写真と内容を、「この議員がこの格好で観戦した」と”誤解”した、というわけだ。
   写真そのものは横浜Fマリノス側の企画によって撮られたものだった。しかも当日は、試合の後半から、しかもワイシャツ姿で行ったという。問題行動には無関係なのに、ブログが炎上に追い込まれた。

   今回の騒動に対して同議員は、

「自民党の認識が甘かったと思うし、反省しなければならないと思う。私もその時にその場にいなかったとはいえ、自民党の議員の一人として反省しなければならない。」

   とコメントした。
   そして、ブログの炎上については「こんなことで一方的に攻撃されるのはフェアじゃないし、私を応援している方にも混乱を招く」として、現在該当しているページは閉鎖しているという。そして同議員は次のように述べる。

「閉鎖的だといわれる政治をオープンにするということで、私もブログで活動を報告してきた。それがこんなことになっては、ブログなんかやらなくて(市民の声を)無視すれば良いということになってしまいます。これほど反響を呼ぶのなら、そのくらい政治に関心を持ってもらいたい」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中