女性専用は「男性差別」 ネット上で批判盛り上がる

印刷

   「男性差別」への批判がネット上で高まっている。「男性差別」を弾劾するブログのほかに、女性専用車両の非合理性を検証するサイトまで登場してきている。おおむね「女性専用」が「男性差別」にあたるとの批判だが、なぜ、今、盛り上がりを見せているのか。

   2006年春、JR函館駅構内に女性専用のパスタ店ができ、マスコミがこれを大きく取り上げて、物議をかもしたのは記憶に新しい。実際にネット上のブログなどでは、「女性専用」は「男性差別では」という指摘がかなり多い。しかも、ブログなどネット上を見てみると、日頃から「男性差別」を感じる人は、それ以前もかなり多いかったことが分かる。

「東横線5号車の悲劇」とは

女性専用車両には賛否両論がある
女性専用車両には賛否両論がある

   ネット上の百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」では、「男性差別」の項目が文字数にして約12,000字ほど、とかなりの充実ぶりだ。「法の下での平等」「生存権」「教育・勤労」「経済・商業活動」「マスメディア・報道」などあらゆる場面での「男性差別」を指摘している。
   また、SNSのミクシィにも「男性差別」のコミュニティーがあり、「男湯に女性従業員を入れる銭湯」「飲み会の料金の不平等」についての批判が展開されている。

   また、「反・男性差別blog」でもさまざまな角度から「男性差別」が批判されている。韓国での世論調査、Google Alert(ユーザーが登録したキーワードにマッチするサイトをGoogleが見つけると、メールで教えてくれるサービス)でも「男性専用」よりも「女性専用」の方がはるかにお知らせのメールが多いこと、などなど「男性差別」を感じていることが少なからず存在していることに気づく。

   さらに同ブログでは、「東横線5号車の悲劇」というページがあり、東急東横線の「女性専用車」がいかに男性にとって不都合であるかを検証している。通常は最前か最後尾の車両に「女性専用車両」が配置されることが多いが、東横線の場合、5号車。それが問題なのだ、とこのブログは述べている。それはこんな具合だ。

  「多摩川駅。6号車渋谷寄り付近に階段がきます。5号車も十分に階段圏内です。ところが、これに男性客は乗れないとなると、スーツの上着まで着ている男性は6号車(弱冷房車)か、渋谷駅での下車に不便になる7号車に乗らざるを得なくなります」

「女性専用」批判、日本だけではない

   東京急行電鉄J-CASTニュースが聞いたところ、最初は8号車に女性専用車を設定していたが、菊名駅で階段の近くにある8号車に男性が誤って乗ってしまうことが多かったために5号車に変更したのだという。つまり、東横線では男性客の要望に応えて5号車に女性専用車両を設定したわけだ。
   ネット上に上記のような批判があることを伝えると同社広報は、

「どこの車両にしてもご意見はあるかなと思います」

と答えた。

   しかし、女性専用車両に対する批判が過熱するブログなどでは、「男女平等なら男性専用車両を作るべきだ」といった意見も少なくない。

   もっとも、こうした傾向は日本だけではないようで、台湾の鉄道会社が06年6月から通勤電車に女性専用車両を導入したところ、男性側から「同じ運賃を払う男性の権利侵害」としてネットで廃止を呼びかける運動が起きた。この仕組み、早くも存続の危機を迎えているそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中