あやや、モー娘。 彼氏情報流出?で大騒ぎ

印刷

   「松浦あややから彼氏の相談にのってあげている」「モーニング娘で彼氏がいないのは加護、辻、小川、石川だけ」。そんな文章がネットに登場し、2ちゃんねるには何本ものスレッドが立つ「祭り」状態になっている。はたしてこれはいたずらか、本物なのか。

   だれが書いたのは、不明だが、ネットに掲載されたものを見ると、あやや、モー娘。などが所属するタレント事務所アップフロントエージェンシーのスタッフになっている。しかも実名だ。

    「日本工学院八王子専門学校」校友会誌の第14号(2003年10月)に、同校卒業生の寄稿という形で掲載された、とされている。文章は2つある。

ハロプロ史上最大の問題発生?!

この本に「彼氏情報」が暴露されたと、ネット上では大騒ぎ
この本に「彼氏情報」が暴露されたと、ネット上では大騒ぎ
「みなさ~ん元気かな?○○で~す(実名)!只今、モーニング娘のマネージメント業務をしています。今年で3年目と成りました。僕自身ファンである辻希美チャンとお話する機会があり、本性心を隠すのがとても辛いです。希美チャンは虫歯が5本もあるとの事で、僕が愛の治療をしてあげなくてはなりません。(中略)最後にモーニング娘で彼氏がいないのは加護、辻、小川、石川だけです。あしからず!!」
「み~んな~元気~??オレを知ってる連中!マグナム○○(実名)です。ハロープロジェクトスタッフとしてあの、松浦亜弥(紋舞らんじゃないよ!)、安倍なつみ(安部ちなつじゃなっスよ!)チャンたちなどの マネージメント業務をしています。【中略】来年度より、"美勇伝"のマネージャーとして担当させて頂く事に4日前に決まり、あの石川梨華チャンをはじめとした3人組です。僕としては柴田あゆみチャンの大大ファンです。【中略】あややからまじめに彼氏の相談にのってあげています。(彼氏いるんですね。驚き!!)【後略】」

   「ハロプロ史上最大の問題発生?!馬鹿スタッフ」と題されたスレッドが2ちゃんねるに立ったのは06年09月19日の 22時07分。1時間足らずでカキコミは1,000を超え、次々に新しいスレッドが立ち続けた。

「松浦ヲタこれからどーすんの?やっぱ小春か?」
「こりゃハロヲタは総力をあげて潰すしかないなw」
「擁護するわけじゃないが松浦の彼氏話なんて周知の事実なんだから通報するほどのことでもないんじゃね?」
「こんなのが社員って終わってるwwwwwww」
「久しぶりに盛り上がってまいりました」

「イタズラとしか言いようがないですね」

   校友会誌は3年前のものだ。会誌だからそれなりに広く配られているはずだから、なぜ今頃出てきたの?という疑問もある。あるブログには「3年前ちゃんとスレ立った。当時は会誌全体がうp(編注: アップロード、の意)されずコラ扱いされた」と書かれている。今回は会報と文章の写真が「公開」されているため、信じる人が多くなったようだ。
   これは本物なのか、J-CASTニュースでは日本工学院の校友会事務局に聞いてみた。会誌が14号であること、書かれている内容、書いた人の名前を告げて調べてもらった結果は、「個人情報保護の観点から卒業生についての話はできませんが、そのような文章は掲載されていたようです」だった。

   しかし、アップフロントエージェンシーはJ-CASTニュースに対し、

「カキコミは知りません。そのような名前の方は過去にさかのぼってグループ全体でも存在しません。イタズラとしか言いようがないですね」

   と語る。
   真相は藪の中だが、イタズラとすれば、悪質な行為だ。もっとも、06年9月30日から松浦亜弥主演の『スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ』が公開される。いずれにせよ、思わぬPRになったのは確かだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中