JALとANA、機内インターネットサービスを年内に終了

印刷

日本航空全日空は2006年9月22日、機内でのインターネットサービスを同年12月29日で終了すると発表した。両社が利用しているボーイング社提供の通信衛星を経由したインターネット接続サービス「コネクション・バイ・ボーイング(Connexion by Boeing)」が事業を中止するのに伴うもの。ボーイング社は、市場が期待していたよりも拡大しなかったことを中止の理由としている。日航と全日空の両社は10月3日から終了まで、同サービスを無料で提供する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中