安倍新首相 ネットの支持率は低調

印刷

   衆参両院は2006年9月26日午後の本会議で、自民党安倍晋三総裁を第90代、57人目の首相に選出した。自民党の総裁選では圧倒的な強さで勝利を収め、そのまま首相の座についた形だが、ネット社会では安倍新首相の「支持率」の出だしは、かなり低調だ。絶賛される小泉前首相と比べると、その落差が際立つ。

「期待しない」と答えたのが7割以上

安倍政権、ネット上では低調な滑り出し
安倍政権、ネット上では低調な滑り出し

   ライブドアが配信している「動画ニュースライブ!」でのアンケート「シングルイシュー」では、26日15時から、「あなたは、安倍新内閣に期待しますか?」というテーマで意見を募っている。20時現在で「期待する」と答えたのが29.57%で、「期待しない」と答えたのが70.42%。政権スタート時の支持率としては、かなり低い方だ。

   「期待しない」と答えた人は、次のようなコメントを書き込んでいる。

「絶対口だけ人間」
「前首相のような強烈なカリスマ性が感じられない」
「頭の悪いボンに何が期待できる」

   その一方で、「期待する」側の意見は、こうだ。

「小泉首相がある程度路線を敷いている以上、自虐史観を払拭した普通の国家になって欲しいと思うのは当然」
「最悪の状態から小泉さんがよく頑張った。安倍さんも、引き続き頑張ってくれ」

   こうやって見ていくと、安倍氏を支持する側も支持しない側も、前任者の小泉前首相と比べて安倍氏はどうなのか、ということに判断の基準を置いているようだ。というのも、2ちゃんねるなどの掲示板上では、小泉氏を評価する声が相次いでいるからだ。

掲示板には小泉氏を絶賛する書き込みが

   主にニュースについての書き込みが行われる「ニュース速報+」という掲示板では、「お疲れ様」を意味する「乙」という文字をタイトルに冠したスレッドが立てられるなど、小泉氏を絶賛する書き込みが多い。例えばこんな感じだ。

「五年間、毎日楽しみにしていたドラマが終るような寂しさを感じる。俺の貯金は5年前から一向に増えていない、収入は少ないし見通しも明るくないけど、小泉さんは確実に日本に力を与えてくれたと思う。日本にこれほど政治に関心を持てた時代があっただろうか。 首相を誇らしく思える日々があっただろうか。本当にお疲れ様でした!心より感謝申し上げます」
「任期中センセーショナルな出来事が多かった。イラク・拉致・郵政・靖国・構造改革・・・・ よくやったもんだ。マジで敬意を表するよ」
「今までだったらマスコミに叩かれただけで右往左往するのが日本の首相だったが、これを逆手にとって実はマスコミ自体が嘘も言うし清廉潔白じゃ無いって国民に知らしただけでも名宰相だな」

   安倍氏の支持率が今後上昇するかどうかは、「小泉劇場」を超える「劇場」を作ることが出来るか、という点にかかっているようだ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中