レクサス「LS」 ベンツ、BMW切り崩し狙う

印刷

   トヨタ自動車は、高級乗用車ブランド「レクサス」の旗艦車種「LS」を国内で発売した。レクサスは日本導入から1年が経過したが、販売台数は目標を下回り苦戦が続いている。トヨタは「LS」を巻き返しの切り札と位置づけており、ベンツBMWの切り崩しを狙っている。

   「LS」は「セルシオ」の後継車で、最新の技術をつぎ込みトヨタ車全体でも最高峰と位置づける。「LSの投入で、プレミアムセダン(高級乗用車)の分野でもトップブランドの座を確実にしたい」。渡辺捷昭社長は06年9月19日の発表会見の席で、独ベンツの「Sクラス」やBMW「7シリーズ」など、競合する欧州勢との競争を展望し、自信満々に話した。

来春にハイブリッド型も追加投入

「LS460」の発売でレクサスの巻き返しなるか
「LS460」の発売でレクサスの巻き返しなるか

   この日発表した「LS460」は排気量約4,600cc、エンジンや内外装を一新し、世界初となる8速オートマチックトランスミッション(自動変速機)を搭載。発進・加速性能、燃費、静粛性を高めた。またミリ波レーダーを使って前方の障害物や歩行者を検知し、衝突を回避する新技術を搭載するなど、最新の技術を集めて安全装置を充実させた。

   渡辺社長は「今までの高級車の基準を超えることができた」と自画自賛する。価格は770万~965万円。国内に続き、北米や欧州でも順次投入し、世界60カ国・地域で販売する。来春には、ガソリンエンジンと電気モーターを併用するハイブリッド型も追加投入する。

レクサス車の世界販売、07年に50万台突破

   トヨタは05年8月、米国での成功を引っ提げ、レクサス3車種を鳴り物入りで国内投入した。「レクサス」ブランドを世界規模で確立させる重要な布石とする方針だった。しかしベンツやBMWなど富裕層に根強い”ドイツ車信仰”は打破できずに苦戦。06年の販売目標3万台に対し、8月末までの販売実績は約1万5,000台にとどまった。
   高級車市場は、04年が月1万2,000台の販売規模だったが、今年はガソリン高にも関わらず、ドイツ車を中心に健闘、1万4,000台のペースで推移している。渡辺社長は「LS投入で高級車市場は一層活性化する」と話し、レクサス車全体の販売成績も上向くとの見通しを示した。
   「LS」の目標販売台数は月間1,300台で、今年は国内と海外でそれぞれ1万台を見込む。国内はすでに約9,000台の予約があり、レクサス全体の年3万台の販売目標の達成は可能なところにきている。レクサス車の世界販売台数も、06年が47万台程度、07年には50万台突破と、鼻息は荒い。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中