韓国企業に出資してチャーター便誘致 岩崎産業

印刷

鹿児島県内を中心にバスやホテル事業を展開する岩崎グループの岩崎産業は2006年9月27日、韓国の格安航空会社「韓星ハンソン航空」の転換社債150万ドルを引き受けたと発表した。出資を受けた同航空は70人乗りプロペラ機2機をリース方式で購入し、年内にも鹿児島-韓国間でチャーター便を週3便就航させる。韓国側の出発地は、同航空の本拠地である清州チョンジュや、観光ニーズが見込める釜山などが検討されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中