カローラを全面改良 バックモニターをセダンに標準装備 トヨタ

印刷

トヨタ自動車は、カローラのセダンとワゴンのフィールダーをフルモデルチェンジするとともに、セダンは車名をカローラアクシオに替え、2006年10月10日から全国で発売した。カローラアクシオはバックモニターを全車に標準装備し、カローラフィールダーはワンタッチ格納リヤシートを採用して使用性を向上させるなど、お客の視点に立った魅力ある装備を積極的に採用したのが特色だ。

さらに、プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)やインテリジェントパーキングアシストなど、従来のコンパクトカーにはない先進装備も採用している。また、一部車種に新開発の1.8Lエンジンを搭載したほか、CVT(無段変速機)を採用し、走行性能と環境性能を両立させた、としている。
カローラは、1966年の誕生以来、現在では140以上の国・地域で販売され、累計の販売台数が3,000万台を超える世界的なベストセラーカーで、今回が10代目となる。月間目標販売台数はカローラアクシオ、カローラフィールダーとも6,000台。メーカー希望小売価格(消費税込み)は、カローラアクシオが1,407,000円-2,331,000円、カローラフィールダーが1,512,000円-2,226,000円。

トヨタが発売した「カローラアクシオ ラグゼール」(左)と「カローラフィールダー」(右)
トヨタが発売した「カローラアクシオ ラグゼール」(左)と「カローラフィールダー」(右)
インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中