ラジオ出演久米宏 アシスタントに食われる

印刷

   人気キャスター久米宏さん(62)の21年ぶりのラジオレギュラー番組「久米宏 ラジオなんですけど」(TBSラジオ、土曜午後1:00~3:00)が2006年10月7日に始まった。ニュースステーション終了後、日本テレビ「A」の司会を務めるも視聴率低迷で打ち切り。「視聴率男・久米宏伝説が終焉」とけなされた久米さんだが、復活の場として選んだのがラジオだった。放送後の評価は賛否分かれるが、主役である久米さんより、アシスタントを務めた小島慶子アナウンサーへの応援カキコミが目立っている。

   「ラジオなんですけど」は、エンタメ情報や、話題のニュースを、久米さんとアシスタント役のTBS小島慶子アナウンサーが「掛け合い」で批評する。ボクシングの亀田親子や、日テレの報道番組「NEWS ZERO」、安倍首相などについて久米さんは得意の話術を披露。革靴でコツコツ音を出し「現場の様子を伝えたい」。ラジオなのに「うなずいちゃう」など話し、テレビで見ていた久米さんの顔がラジオから浮かび上がって来る感じだった。

リスナーからの評価は分かれる

久米さんのライバルは、実はアシスタントの小島アナ?
久米さんのライバルは、実はアシスタントの小島アナ?

   マスコミの評価はどうか。スポーツニッポンは2006年10月8日に、久米さんが06年10月に始まった日テレの「NEWS ZERO」について、「とにかく出演者が多すぎます。もっとクリアにしなきゃ」という久米さんらしい辛口コメントを紹介したものの、

「全般的には"斬る"というよりもマイルドな印象。このまま進むのか、本領?を発揮するのか、注目の番組になりそうだ」

   と微妙な表現をした。

   リスナーからの評価は分かれた。2ちゃんねるmixi、ブログなどを見ると、

「すごい面白かった。それが率直な感想です」「久米さん、初回だけあってチト緊張気味だったかな?wこの番組のお陰で、週末の楽しみが増えた♪」。先の革靴でのコツコツに「久米さんらしいコメントですね。ラジオ聞きたくなりました」という久米ファンもいれば、「久米さんのコメントは、素人のブログでも見かけるような内容で、この番組に備えて、普段テレビを見まくってる様子も無く」「喋りのプロを自認してるだけに本人ももどかしい思いしてたはずだし、Nステ辞めた一因を見てしまったような」「久米宏よ、テレビに文句があるなら、テレビで勝負しろ」などという批判もカキコまれている。

久米のライバルは実は身近にいる小島アナ

   驚いたのは、久米さんについての掲示板なのに、小島アナへの応援カキコミが多かったことだ。小島アナは99年に第36回ギャラクシーDJパーソナリティー賞を受賞している「実力派」。ラジオリスナーが認めた存在だからこんなカキコミがあるのだろう。「小島さんそつなくこなしてましたね^^」「小島穴ってラジオを大切に考えてる気がして交換が持てる。『アクセス』の時もそうだったし」「久米さんと小島アナ、飛ばしていましたが見事なコンビネーションでした」「久米さんと渡り合えるのは小島アナだから」「小島さんは、先日のストリーム、マッピーの代打で出られた時も思ったんですが、お母さんになって丸くなられましたよね」

   これから久米さんに続き、みのもんたさんが文化放送で、小倉智昭さんがニッポン放送で土曜日午後1:00~4:00時の生放送で新番組を持つ。「ライバル3人の激突」とマスコミでは取り上げているが、久米さんのライバルは、実は身近にいる小島アナなのかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中