世界制覇という ゴーンの野望消えず

印刷

   日産自動車・仏ルノー連合が、米ゼネラル・モーターズ(GM)と進めた提携交渉は、期限の今2006年10月半ばを待たずに、開始からわずか2カ月余りで決裂した。実現すれば、3社合計の世界販売台数が約1,500万台と、トヨタ自動車の2倍になり、最大の自動車グループが誕生していた。かつて経営危機にひんした日産を復活させ、同社とルノーの社長を兼任するカルロス・ゴーン氏が狙った「世界一」の野望は、幻になった。ゴーン社長は、GMと同じく経営不振に悩むフォード・モーターとの提携協議に乗り出すことを示唆するなど、世界自動車メーカー再編の火種はなおくすぶり続けているが、ゴーン社長の次の一手には手詰まり感も漂う。

   日産・ルノーとGMの提携交渉は、交渉開始当初から双方の温度差が目立っていた。経営危機に直面し、本来支援を受ける側であるGMの側が提携実現に消極的なのに対し、コスト削減を急ぐ必要のない日産・ルノーの側が積極的だったためだ。

GMは提携が緊急性があると思っていなかった

ゴーン社長の「世界一」の野望は幻に…
ゴーン社長の「世界一」の野望は幻に…

   GM経営陣が消極的だったのは、日産・ルノーとの提携は自分たちが望んだことではなく、大株主の提案という外部からの圧力で押し付けられたものだったという事情がある。日産・ルノーの側は、そんな煮え切らないGM側の態度にいら立ちを隠せないでいた。
   9月27日にパリでGMのリック・ワゴナー会長とゴーン社長のトップ会談が行われる前日、ゴーン社長の腹心として知られるルノーのパトリック・ペラタ副社長が、GMが提携について緊急性を認識していない点に、強い不満を表明したことが伝えられた。GMの交渉相手に対し「もしGMが業績不振問題の解決を遅らせれば、(トヨタ自動車との競争で)一段と不利になるだろう」と警告したのだという。
   日産・ルノーは、世界市場でことごとく強大なライバルとして立ちはだかるトヨタを強く意識している。そのトヨタは業績が絶好調で、06年9月には08年の世界販売目標台数を、グループ全体で05年実績より167万台多い 980万台と掲げたばかり。GMを抜いて世界一を達成するのは確実だ。

絶好調トヨタの背中がまた遠くなる

   一方の日産・ルノーの販売台数は、それぞれの計画値を合計しても、トヨタに200万台以上も及ばない見通し。日産・ルノーの連合を組み、一度は近づいたはずのトヨタの背中がまた遠くなる――。日産・ルノーがGMとの提携実現にかける積極的な姿勢の背景には、そんな焦りがあった。GM大株主の提案という”タナボタ”とはいえ、GMとの提携話はゴーン社長にはまさに「見逃すべきではないチャンス」だった。

   GMとの提携が幻に終わっても、規模拡大による「トヨタ追撃」という夢を、ゴーン社長はあきらめた様子はない。不調に終わったパリのトップ会談の直後、「北米メーカーとの提携は価値がある」と、フォードとの提携への意欲を示唆している。ただフォードは、外部から最高経営責任者(CEO)を迎えたばかりで、日産・ルノーとの提携に動くかは微妙。日産・ルノーとも販売不振で足元の業績は低迷しており、ゴーン社長の勇ましい掛け声とは裏腹に、戦略をどう立て直すか、視界は容易に開けそうもない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中