亀田とがん闘病少年の交流 ネット上では「売名行為」

印刷

   亀田興毅選手は2006年10月10日に記者会見を開き、練習中に負った怪我の傷口を公開した上で、12月に延期された初防衛戦への意気込みを語った。その席で飛び出したのが「ガンを宣告された男の子が、俺を応援してくれてん」という発言だ。通常ならば、いわゆる「美談」として受け止められるエピソードだが、ネット上では「売名行為」などと批判が噴出している。もはや、何を言ってもバッシングの対象になる、という状況だ。

   亀田選手が交流しているのは、胃ガンで闘病生活を送っている、茨城県在住の少年だ。デイリースポーツによると、少年が入院している病院に亀田選手の友人がたまたま通院しており、少年が亀田選手のファンだということを亀田選手本人に伝えたのだという。

スポーツ紙は美談としてとりあげる

ネット上では「美談」も「売名行為」に
ネット上では「美談」も「売名行為」に

   少年は、現在は小学校3年生。2年前にガンを宣告され、06年4月には医師から「余命わずか」と告げられた。それでも、亀田選手の試合に勇気づけられ、今でも病魔と闘っているのだという。

   亀田選手は会見の場で、

「もう無理と言われてるのに、おれの試合を見るために、がんばって生きてるんや。その子との約束を守りたいねん」

   と、少年とベルト死守の約束を交わしたことを明らかにした。各スポーツ紙は、このエピソードを、

興毅 がん闘病少年にKO防衛誓った(デイリースポーツ)」
興毅決意!がん闘病少年にV1を(スポーツニッポン)」

   という見出しで「美談」として報じている。特に、スポーツ報知は、

変身!亀田興毅、ルースになる…がん闘病少年お見舞い

   と、亀田選手を、病床の少年とホームランを約束した野球のベーブ・ルース選手にたとえている。

「逆風」記事が女性誌に掲載される

   だが、ネット上では、必ずしも「美談」とは受け止められていないようだ。こんな声が相次いでいる。

「なにこの三流漫画から持ってきたようなベタな作り話」
「おもっきりやりづらくなるランダエタがかわいそう」
「これは本気で最悪だろ、本当かどうか知らんが人の命を自分の人気取りに使うな」

   ネット上でのバッシングが止まらない中、亀田選手にとってはさらに「逆風」となる記事が女性誌に掲載された。「女性セブン」の10月26日号は、「亀田興毅 崖っぷち! 同棲恋人出ていった!」という記事を掲載している。記事によると、亀田選手の恋人・A子さんは、亀田一家が大阪から葛飾に拠点を移した際に一緒に上京、夕食買い出しをするなど「一家の世話女房」を担っていたのだという。
   「泣きっ面に蜂」状態だが、防衛戦で圧倒的な勝利をおさめることが、残された人気回復の道だと言えそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中