ミクシィのアカウント 「いきなり削除」で大混乱

印刷

   ミクシィ(mixi)の自分のページ(アカウント)が警告もなしに、いきなり削除された。こんなカキコミがネット上に氾濫している。削除された側は何が原因かわからず、「魔女狩りを始めたわけですな」などいう見方も出て、大混乱になっている。削除数は相当な数になっていると見られ、当の「mixi」内にも『mixiさん!ユーザの声を聴いて!』と、削除理由を問いかけるコミュもできている。

   「mixi」はこれまで、規約に反した日記やコミュ、写真を発見した際や、ユーザーからの苦情などを受けた場合、違反ユーザーに警告を出し、それでも修正しなかった場合に「強制削除」「強制脱会」の手段を取ってきた。しかし、現在問題になっているのは「いきなりの削除」なのだ。ユーザーがmixiの運営側に理由を聞いても、返事がなかったり、「運営事務局にて判断を行う際の詳細につきましては機密事項となります」と事務的なメールが来るだけだというのだ。

「三洋電機事件」でアカウント多数削除

「三洋電機事件」を受けて、ミクシィには本名登録に注意を促すお知らせが掲載された
「三洋電機事件」を受けて、ミクシィには本名登録に注意を促すお知らせが掲載された

   「いきなり削除」は、06年8月頃から問題になっていた。ネット業界では、「上場を成功させるためと、ナショナルクライアント(広告)が政治的なこと、アダルト、誹謗中傷などを嫌い、積極的に排除を始めた」という見方が広がっていた。
   そうした中、06年10月5日にmixi上で起きた事件で、それがはっきりしたようだ。三洋電機の社員が、自分の彼女のワイセツな写真と自宅住所、電話番号などの個人情報を、ネットに流出させた。そのワイセツな写真が、彼女が参加しているmixiのコミュで公開され、mixi側は、騒ぎに関係したと考えられる多数のアカウントを削除したのではないか、というわけだ。

   事件発生後に、2ちゃんねるやこの問題を扱ったブログには、

「昨日までは普通にログインできたのに出来なくなった。コミュにも数人いたのに。ちなみに俺は覗きはするが書き込みは一切行っていない」
「強制退会のお知らせメールとかもよこさないのな。これ、本アカ(アカウント)の人でも被害出てると思うよ」
「魔女狩りを始めたわけですな、オソロシス」
「結構な数の無関係な一般ユーザーも巻き込まれてる気がするw」
「強制退会食らった。俺が招待した娘も食らってる」
「mixiは自分で自分の首絞めてるのわからんのか?芋づる式に強制退会なんてアホかと馬鹿かと」
「今できる対策が削除だけってのが、そもそもシステムの脆弱性を浮き彫りにしてるじゃないか」
「少なくとも今回の件は、上場企業としてなんらか対外的にコメントしなくちゃダメだよ」

などと書かれている。

運営姿勢を問いただすコミュも出現

   こうしたmixiの運営姿勢を問いただすコミュが、mixi自身の中にも数本存在する。『mixiさん!ユーザの声を聴いて!』で、扉の部分には、こんな事が書いてある。
   「心当たりが全くないのに一切の警告が為されないままmixi運営事務局により強制削除されたユーザ、一切の警告なしにいきなり削除をされる程悪質とは思われないユーザへの強制削除措置、問い合わせしたものの回答がない、どう考えても納得出来る回答ではない、そのようなユーザの方々の意見、質問をmixi運営事務局に知ってもらい、耳を傾けてもらう為のコミュです」。もっとも、強制退会させられたメンバーは、アカウントがないため、書き込めるはずがない。

   J-CASTニュースではアカウントの強制削除などについてmixiに06年10月13日に取材を申し込んだ。すると、

「広報の窓口の者は取材対応などで外出し、戻ってこない」

   それでは週明けなら取材できるかと聞くと、「いつ(会社に)いるか時間などわからない」が答えだった。

   ネット業界関係者は、こう明かす。

「mixiは通知せずにアカウントを削除します。『アダルト』関連は厳しいようです。メールで問い合わせて、返事がくればラッキーなほうです」
「会員が500万~600万人いるのに、社員は100人程度。問い合わせも多いだろうし、この人数では案件にきちんと対応できないはずです。mixi は06年10月11日に本名での登録に注意を促すなどの新規約を出しました。これは、三洋電機事件を受けてのもので、対応が後手後手なんです。三洋電機と同様の事件はこれからも起こるはずです」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中