「おごるな」と毎日が 朝日社説に苦言

印刷

   2006年10月16日付けの毎日新聞で、朝日新聞の社説が「おごるな」と苦言を呈された。新聞業界で、他紙の記事を批判するのは珍しいうえ、「毎日VS朝日」も極めて異例だ。

   毎日に苦言を呈されたのは06年10月12日付け朝日新聞の「君子豹変ですか」と題された社説。「拝啓 安倍晋三様」ではじまる社説の中で、同紙は次のように述べる。

「これじゃ朝日の主張と変わらないよ」

毎日はコラムで「おごるな」と朝日に苦言
毎日はコラムで「おごるな」と朝日に苦言
「半年前を振り返ると、私たちは不安でいっぱいでした。なぜかといえば、首相になるまでの安倍さんの言動が、私たちの言動とあまりに隔たっていると思ったからです。(中略)けれど目下のところ、私たちの心配は杞憂だったようです」

   そして、安倍首相が村山談話を受け継ぐと表明したこと、従軍慰安婦問題で河野官房長官談話を認めたこと、教育再生会議のメンバーでは保守派の起用は限られ、バランスが取れていること、について同紙社説は「君子は豹変す、と申します」と安倍首相を皮肉る。さらに、「『これじゃ朝日の主張と変わらないよ』。旧来の安倍さんに期待した人たちからは不満も聞こえてきそうです」。 さらに、

「残念なのは、あれほどこだわってきた持論をなぜ変えたのか、その説明が足りないことです」

と批判している。

「本当は首相の軌道修正が悔しかったのでは」

   これに対し、06年10月16日朝刊の毎日新聞はコラム「発信箱」の欄で論説室の与良正男氏の「本当は悔しい?朝日新聞」を掲載している。与良氏は、このコラムのなかで、朝日の社説の「『これじゃ朝日の主張と変わらないよ』~」について、

「ここに、朝日のおごりを感じないわけにはいかない」 「修正すると今度は嫌味のオンパレードである」

と評した。この社説について「おごるな」と言っているに等しい表現である。 さらに同氏は、この社説について「邪推」としながら次のように語る。

「本当は朝日は首相の軌道修正について悔しかったのではあるまいか。もっとイケイケドンドンの安倍首相らしさを出してもらった方が批判がしやすいのに……そんな思いが行間ににじみ出ている気がするがどうだろう」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中