自転車ほろ酔い運転 これで免職になるかも?

印刷

   2006年8月に福岡県で起きた飲酒運転での事故を受け、全国の自治体などでは「飲酒運転即免職」の動きが加速している。飲酒運転への社会的な批判が強まるなか、公務員の多くは軽微の酒気帯び運転でも懲戒免職は避けられない状態だ。そうした中、自転車の飲酒運転にも処分の基準を定めるところも出てきていて、自転車でも免職、なんてことも十分に起こりそうだ。

   愛媛県教育委員会は06年10月10日、自転車での飲酒運転で事故を起こしたりした公立学校の教職員を、車の運転と同様に処分することを決めた。都道府県教育委員会で自転車運転の処分基準が明文化されたのは、きわめて珍しいという。

飲酒運転で検挙、自転車では減給や停職

自転車でも飲酒運転をすれば懲戒免職、なんてこともありうる
自転車でも飲酒運転をすれば懲戒免職、なんてこともありうる

   同教育委員会は、愛媛県内の自動車事故のかなりの部分が、自転車が原因で発生している事態を重く見て、飲酒運転の処分規定を自転車にも適用した。同委員会教育総務課はJ-CASTニュースの取材に対して、

「自転車での事故がたくさん発生していると言われていることから、範を示すということになった。すぐこうした事故が起こるということよりも、万が一の場合を想定しての注意喚起の意味が強い」

   と答えた。ただ、自転車での飲酒運転は車での飲酒運転に比べて危険性や事故で与える損害の規模が小さいとされるために、処分もそれに準じて「一段ほど」軽いものにはなるとはいう。飲酒運転で検挙された場合、車では停職以上の処分が下されるが、自転車では減給や停職などの処分が下される、ということになっている。

三重県の場合、検挙は原則免職

   三重県の場合はさらに厳しい。同県は、行政職員が自転車での飲酒運転で検挙された場合は原則免職になるという基準を06年9月26日に定め、10月から適用している。同県は、

「議論はいろいろあったが、飲酒運転を撲滅するという目標を徹底するために(この基準を)定めた」

   としている。同県は、道路交通法に基づいて、車だけでなく自転車にも遵守する必要性があるとして、この基準を定めた。自転車への処罰基準が明文化されること自体も珍しいが、さらに酒気帯びでも即免職となるのはかなり厳しい基準である。しかし、同県の職員は今のところそうは受け止めていないらしい。同県の広報担当者は次のように語る。

「厳しすぎるという声もないことはないですが、職員のなかでは当然だという意見がほとんどですよ」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中