安倍VS小沢党首討論 初戦は安倍判定勝ち

印刷

   自民党新総裁と野党第1党の直接対決「安倍VS小沢」が、2006年10月18日の党首討論で初めて実現した。新聞各紙は「攻めあぐねた小沢氏」(日経新聞)といった内容で、小沢代表に厳しい評価を下している。ただ、討論は盛り上がりに欠け、ネット上ではあまり話題になっていない。

   所信表明演説から原稿の棒読みが目立ち、「党首討論が怖い」と党内からも心配されていた安倍首相と、民主党党首に再選された直後に入院して健康状態が懸念されていた小沢代表。二人の党首討論で議論が交わされたのは主に2点で、「憲法改正」と「周辺事態」。2006年10月19日付けの新聞各紙の社説は、その多くが「周辺事態」での議論を取り上げ、小沢代表に対して厳しい評価を下している。

小沢質問の「切れ味のなさ」を指摘

新聞各紙の社説からも小沢代表の「切れ味のなさ」が伝わる
新聞各紙の社説からも小沢代表の「切れ味のなさ」が伝わる

   日経新聞は「緒戦は攻めあぐねた小沢氏」と題し、「いま一つ議論がかみ合わなかったのは小沢氏の質問が抽象的で、その意図が明確に伝わらなかったからだろう。もっと手短にして、テンポよく質問するなどの工夫が要る」と小沢代表の質問の「切れ味のなさ」を指摘している。
   読売新聞は、「『国難』というべき事態に民主党はどう取り組むのか。それがさっぱり見えてこない」と、北朝鮮の核実験をめぐる「周辺事態」の解釈についての議論で、小沢代表が具体的な姿勢を示していないと指摘。さらに、「(民主党は)具体的な対処方針を示さず、『責任をまっとう』できるはずはない」と述べるなど、民主党の姿勢自体も手厳しく批判している。朝日新聞も「小沢氏は体調不良による入院から復帰してまだ2週間で、本調子ではなかったのだろうか」と、小沢代表の答弁が鋭さにかけた、と指摘している。

   ただ、小沢代表の評価が低いとはいえ、安倍首相の評価が高いというわけではない。
   朝日新聞は「首相の方も民主党の政策の矛盾を突くといった攻撃姿勢は見せなかった。拍子抜けの印象は否めない」とし、産経新聞は「一方で首相も周辺事態の認定に言及を避けるなど、具体論には踏み込まなかった」と評している。新聞各紙の党首討論の評価は、両党首のかみ合わない議論で「結局は盛り上がりに欠けた」ということになりそうだ。

2ちゃんねるでも、カキコミは低調

   ネット上でも、党首討論にたいする議論は盛り上がっていない。
   巨大掲示板2ちゃんねるでも、カキコミの数はあまり増える気配はない。「小沢はぼそぼそと意味のない長話しただけ」といった小沢代表に批判的なカキコミが多く見られるものの、

「もうテレビ各局とも取り上げる価値すらないって感じだったね」「小泉vs前岡だったら現実の300倍は面白かった」(編注:「前岡」は前民主党党首前原氏?)

   と冷めた見方が少なくない。
   ただ、ライブドアの投票「安倍対小沢 軍配は?」では、06年10月19日午後時点で、「小沢代表」としたのが51.13%で最も多く、「安倍総理」がそれに次ぐ35.22%、「引き分け」が13.63%で、小沢代表の評価が高い。小沢氏支持の理由としては、

「安倍さんあせりすぎ。有事の際で対応できるか不安」「安倍総理はその場その場のしのぎで行っているような危うさを感じます」「(安倍首相の)後だしじゃんけんのようだったと思う」

   などが挙げられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中